癌の餌、ブドウ糖

インターネットで、癌の餌 で調べると、色々な情報が出てきます。特に言われているのがブドウ糖のようです。これは断食・少食が癌にいいということが広まっている証拠でしょうか...

 

いとこが1人、南ドイツの病院に勤めている産婦人科の医者ですが、そこに来る患者の内、年間約70人までもが乳がんだそうです。彼女に断食療法で癌が治る例が多く出ていることを話しました。

 

すると彼女いわく、「癌は賢いから甘く見ちゃ駄目。栄養を取らなくても周りの細胞から栄養を吸収するわ」とのことです。

 

でもちょっと待ってください。もしそれが本当なら、断食しようがしまいが、癌は確実に成長して患者さんを弱らせて死に至らしめるはずです。

 

ところが実際にはそうではなく、断食で癌が治ってしまう患者さんが多くいます。なぜでしょうか?

 

ドイツ自然療法士の基礎医学で習うことですが、血液はその質を保つために、例えばカルシウムが足りなくなると骨から取り出してきます。その時に、骨は弱くなってしまってもお構いなしということになります。

 

生きていく上で身体を支える役目の骨よりも、身体の各部分に必要不可欠な栄養素を届けて、不必要なものを運び去る血液の方がはるかに大事な部位だからだと思います。

 

もし飢えなどで骨が弱くなって立てなくなっても、寝ていれば生き続けることはできますが、血液が機能しないとすぐに死んでしまいます。血液の方がサバイバルの優先順位が高いわけです。

 

身体に入ってくる栄養が極端に少なくなる場合、身体は自動的にその供給先を優先順位の高い順に選んでしぼるというわけです。

 

よって、断食や一日一食ほどの減食をすると、入ってくる栄養が限られているので、外から入って来て身体の中で巣食っているガンやその他の病気などには栄養が回らずに落っこちていってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

1万人以上が、”いいね” をつけているフェースブックのコメント、

吉田 寛美さんが断糖肉食のお部屋に投稿した写真

ガンの最大の弱点は「超小食」という こと。 もっと分かりやすく説明するなら、 「ガンの最大のエサがブドウ糖」という 事。

風邪の時と同様、“体力をつけるた め” という間違った知識のもとに、無 理やり食べるという現実があります。
ガン対策に関して、最も根 本的な致命傷です。

みなさん、『PET』という、癌診断器はご存知ですね。
現在、直径3mm くらいのガンでも発 見できるという診断機器です。
このPETのガン発見原理は、ガンの性質を逆手にとったもので、体 にブドウ糖に似せた物質を注射し、
1時 間後にその擬似ブドウ糖が体のどこに多 く集中的に分布しているか、ということ を調べるというものです。
がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3~8倍の ブドウ糖を取り込むという特徴があります。

PET検査は、その特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込ん でいる細胞を探し、がんを発見します。

このように「ガンの最大のエサがブド ウ糖だ」ということが分かっているにも かかわらず、現代医学(特に日本)は、 いまだ末期ガンで口から食物が入らなく なってきた方にブドウ糖の点滴をしてい ます。

抗がん剤や放射線治療でどうしようも ないくらい免疫力や体力を落とされてい るところに、ガンの最大のエサのブドウ 糖を与えるんです。

ガンというものには、 白米などブドウ糖に代わりやすいものを たくさん食べてしまうと、増殖と転移が 異常に早くなります。

ですから、アガリクスやメシマコブな ど、マスコミや業者の宣伝に踊らされて 1ヶ月10万円近く買っている方たち も、体力をつけるためという間違った常 識のもとにご飯を無理やり食べようとす れば、ガンの促進要因を思いっきり実行 させていることになり、高い健康食品の 効果を無にしてしまいます。

とにかく、ガンの方は、昔の精進料理 のような、カロリーが少なく、一日に2 食以内にとどめ、腹6分目に節制すべき です。

秋田大学医学部の小泉教授の実験で、 放っておけば100%ガンになる多発性 マウスを使った実験でも、腹8分目と腹 5分目のマウスでは、21ヶ月めに腹8 分目のマウスが26匹中7匹が悪性リン パ腫になったが、腹5分目のマウスは2 8匹中1匹もガンになることはなかった と言います。

つまり、ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えて なった病気」という本質を昔の人が見抜いている のは驚きですね。

あと、厚生労働省が言うような現代栄 養学などは、まったく当てになりません。

ガンの最大の弱点は
「超小食」です。
ですから、ガンの最大のエサであるブ ドウ糖の摂取を極力抑える事が重要で す。 最近はやりの「低インシュリンダイ エット」などは、ガンの方にも大変有効だと思います。
(今は低ではなく、断ですね。)

砂糖(特に精製されたもの)や代用甘味料は猛烈に体を冷やします。
癌細胞は 、酸素を必要としない 「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、 酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖しま す。
ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」 ということが明らかになっていますので、低体温の方 は要注意★です。

これは一番基本的な土台で、 癌細胞をやっつけるには、まだまだ沢山の情報があります
でもこの基本的な事を頭にいれて生活していれば、健康になれるし、ダイエットにもつながるんじゃないかな?
大切な子供をお菓子やジュースで砂糖漬けにしなくなるんじゃないかな?って思うんです。

自分の身体も、家族の健康も守りたいですね(^^)

オリジナルはこちら

テシェク エデレム

<div align="center">