断食・絶食の不思議な効力、効果

甲田光雄医師(大正13年~平成20年)に関しての詳しいことはヴィキペディアに譲ります(*) が、甲田医師が到達された考え、”小食は殺生を避けて自然の摂理にもとづく” というのは、自然の摂理を言い当てた素晴らしい真理だと思います。

 

* 他にも、甲田医師の日本食養教会

 

”いただきます!” には、” あなた(肉、魚、植物など) の命を奪って食べてしまうけど、それは私の命につなげさせていただきます。” という意味が込められているそうです。

 

そういう意味では食べることを目的としない趣味などによるハンティングなどはもってのほかの殺生ですが、仮に食べるための狩や釣り、植物の採取でも、取り過ぎて残すのは世の中の命を粗末にするだけです。

 

小食することによって命を粗末にすることがなくなる。それが自然界における食物連鎖の理想の形となり、何十億年もの生物の進化のDNAにも刻み込まれて自分の身体の内部の毒をも融解してしまうというのは正に自然の摂理、真理だと思います。

 



2/6     3/6     4/6     5/6     6/6

 

 

絶食療法の科学

 

ドイツでも、ロシアでも、日本でも、絶食の効果は既に50年以上も

実績が出ています。それにもかかわらずに普及しないのには

やはり何か原因があるのではないでしょうか?

その原因についてはホーム(トップ)ページのビデオをご覧下さい。

下の方、現代医療の現実です。



 

ではなぜ断食~減量をすると、がんをも含めたさまざまな病気が治ってしまうのでしょうか? 

 

それは減食、断食によって、身体に必要とされるエネルギーの入力が極端に減らされることによって、身体がその供給先を厳密に選ぶからだと思います。

 

身体に入ってくるエネルギー(食事) が極端に減ってしまう場合、その限られたエネルギーが送られる先が究極に絞られて、身体の中でも最も大事な部位のみに限られるのではないでしょうか。

 

そこで脂肪などはすぐになくなってしまうわけです。例えば血液。血液は、身体のあらゆる場所に必要な酸素、栄養、水分、免疫などのさまざまな必要不可欠のものを隅々の部位まで運ぶと同時に、それらから排泄物を集めてくる、身体の中でも最も大事なもののひとつです。

 

よって血管は、血中のカルシウム濃度が不足すると、ホルモンの働きによってそれを骨から取り出して補います。骨からカルシウムを取り出すことによって、骨が弱くなってしまうことなど一切構いません。血中のカルシウム濃度の方がはるかに優先順位が高いというわけです。

 

このように、断食や極端な減食によって、入ってくるエネルギーが制限されると、身体がその送り先を選ぶので、脂肪や病気の根源となるようなところには回らずに、それらの不要物はやせ衰えて処理され、身体から落っこちていってしまうのです。

 

もし常にお腹が一杯で肥満傾向にある場合、身体の中で異物(つまり病気など) と戦ってくれるはずの白血球も満腹状態で異物を処理しようとしません。

 

ところが小食を続けていれば、白血球も常に飢え気味。腹を空かした野獣のように、異物を見つけてすぐに襲いかかって処理してくれます。人間は細胞のかたまりです。自分が飢えずに満足していれば、それは白血球も同じことです。

 

ではなぜ人間の身体は減食・飢えには強くて(慣れていて)、食べ過ぎ(飽食)には弱いのでしょうか?それは飽食というのは、ここ数十年の現代人が初めて経験することだからのようです。

 

それ以前の何十万年、何百万年もの間、人間とその祖先たちは、他の動物たちと同様に食事を得ることだけがイコールその人生でした。食事を得るためだけに毎日生きてきたのです。

 

食事に困らなくなり、いわゆる飽食の時代となったのは、戦後わずかなこの数十年のことです。それまで人間は食べることに大変でした。何十万年、何百万年もの長い間にその飢えを経験し続け、身体は飢えに慣らされてきていますが、飽食を経験するのは初めてのことです。

 

実際にも、空腹のために血糖が下がると、それを上昇させるホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリン、グルカゴン、サイロキシン、コルチゾールなど10種類ほども存在しますが、過食のために血糖が上昇し過ぎた時にそれを低下させるホルモンはインスリンひとつしかありません。

 

インスリンの働きが異常になる糖尿病なども、過食・飽食に慣れていない進化の結果としての人間の身体の悲鳴ではないでしょうか?

 

1935年、マッケイ博士が「低栄養が動物の寿命を延ばし、腫瘍の発生を抑える」ことを発表して以来、欧米の栄養学、医学の分野では、1940年代から、「30~40%のカロリー制限をした動物の寿命は、自由摂食動物に比べて格段に長く、癌などの加齢関係疾患の発症や生体機能の低下が遅くなる」という研究が数多く発表されています。

 

アメリカのボルチモアにある国立老化研究所(NIA) では、回虫からサルまでの動物実験で、「カロリーの摂取を抑えると、長生きをする」という結論に達していますが、「摂取カロリーを60%に抑えると、寿命は50%述べる」ということが分かっているのです。

 

2011年の秋にNHKの番組で、欽ちゃんの司会による放映でのサルの実験番組は衝撃的でしたが、似たような結果を放送していました。そんなに昔から断食・減食・低カロリーが健康によいことが分かっているのに広まらないのは、医学業界、食料品業界のマフィアから圧力がかかっているとしか考えようがありません。

 

他にも下記の医師たちの名前で、インターネットでもさまざまな情報が出てきますので、是非一度ご覧ください。

 

スティーブン・スピンドラー教授(カリフォルニア大学・リバーサイド校)

 

ド・ヴリーズ博士(フランス)

 

ハーバード・シェルトン博士(カリフォルニア断食病院) 

 

中野長久教授(大阪府立大学農学部)

 

グロス教授(ニューヨーク、マウントサイナイ医大)

 

S・ハイムスフィールド博士(アメリカ、エモリー大学)

 

J・ニコリク・ズーキック教授(ポートランド、オレゴン健康大学、ワクチン遺伝子治療研究所)

 

M・J・マレイ博士(ミネソタ大学医学部)

 

古代ギリシャの哲学者、ピタゴラスも言ったそうです。「人の病気は過食からくる。なるべく少なく食べよ。しからば汝の身体も丈夫になり、精神も立派になって、病の神も汝をどうすることもできなくなる」

 


南ドイツの絶食療法サナトリウム Buchinger Wilhelmi

https://www.buchinger-wilhelmi.com/de

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

進化が示す、健康法則。番外編 – 人はどこから来て、どこへ行くのか... (火, 25 9月 2018)
本当の健康を考えた場合、人間の過去の進化の過程を考えればすぐにその答えが出てくる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・ なぜ人は生まれてきたのか? (Tue, 11 Sep 2018)
なぜ人は生まれてきたのでしょうか。 世界三大聖人によると、残念ながらその理由は特… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・笑う門には福来る (Fri, 31 Aug 2018)
2004年に、遺伝子工学で世界的権威の村上和雄筑波大学名誉教授が、吉本興業と協力… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・情報とは、新鮮な心が幸福を返すもの? (Tue, 21 Aug 2018)
情報というのは、出せば出すほどいい効果が現れると思います。 情報があふれている現… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・言いたい欲が邪魔するコミュニケーション (Tue, 21 Aug 2018)
誤解というものをなくすには、それだけ多く話し合うしかありません。「話せば分かる」… 続きを読む ›
>> 続きを読む

聴覚がより発達しているのは女? 男? (Wed, 15 Aug 2018)
ドイツのテレビでKIKAという子供〜学生向けチャンネルがあります。 休暇中に子供… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・猿のお面の実験でも分かる表情の大切さ (Sat, 11 Aug 2018)
以前、面白いTV番組を見たことがあります。 ある猿の集団の中で端の方にいる一匹の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・もっとも大切なこと  (Sat, 11 Aug 2018)
世の中で、人間が一人で生きていけないのは当たり前のことですが、その場合、もっとも… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・人間の脳の不思議 (Wed, 01 Aug 2018)
是非一度、次の動画をご覧下さい。 (https://www.youtube.co… 続きを読む ›
>> 続きを読む

子に対する母の想い… (Mon, 30 Jul 2018)
知人(女性)の息子さんが、自転車事故で大怪我をしました。 —R… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 ・自分で作ってしまう壁 (Sat, 21 Jul 2018)
スポーツの世界では「意識の壁」の実例がたくさんあります。 昔は100mを10秒よ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

悩ましい坐骨神経痛。あっという間に2年が経過… (Fri, 13 Jul 2018)
坐骨神経痛を患って早くも2年が経ちました…涙。 患って間もない頃、インターネット… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 お釈迦様2 (Wed, 11 Jul 2018)
お釈迦様は、約束はしなければしないほど良いというようなことも言ったそうです。 約… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 お釈迦様 (Tue, 03 Jul 2018)
ものは考え方次第。全ての人のものさしは違う。 あらゆることは全て見方次第、考え方… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (Thu, 21 Jun 2018)
すでに起こってしまったことはどうにもなりません。 歴史に、“if”という言葉は意… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。 ピンコロ1、2、3、その4? (Mon, 11 Jun 2018)
テレビの番組で、100歳を越えてもピンピンした方々が、毎回ひとりずつ登場してイン… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 良い考え方? (Sun, 03 Jun 2018)
将来のことは神様にしか分からない… 過去のことは神様でさえどうにもな… 続きを読む ›
>> 続きを読む

雪のように舞う花粉。これがドイツの花粉です。 (Wed, 30 May 2018)
花粉症が始まるのが毎年早くなり、今年は1月から始まりました。 暖冬だから仕方がな… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。なぜ男性よりも女性の方が寿命が長いのか… (Fri, 11 May 2018)
女性の平均寿命は男性よりも明らかに長くなっています。 それには色々な理由が考えら… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則、番外編。 単なる市井の臣がたどり着いた、健康に良い歩き方・走り方の結論を、ハーバード大学の博士が裏打ちしてくれた! (Wed, 09 May 2018)
以前から、歩く、走る、にはベタ足着地を勧めています。 そしてNHKスペシャル 人… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。本物の医学は予防。 (Tue, 01 May 2018)
北里柴三郎さんという、1901年にノーベル医学賞の候補にもなった細菌学の医学者を… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化? 退化? が遅れている仲間を発見! (Sun, 29 Apr 2018)
私は、猿から人間への進化がかなり遅れている方です。 例えば外耳介筋。 耳をピクピ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。宇宙では寝返りは不要 ? (Mon, 23 Apr 2018)
寝ている時に身体に一番良い姿勢 食事、運動と同じくらい大切なことがあります。 私… 続きを読む ›
>> 続きを読む

雪のように舞う、ドイツの凄い花粉。動画でご覧下さい。 (Sun, 22 Apr 2018)
花粉が舞っている様子は見づらいかも知れませんが、あっという間の短い動画なので、数… 続きを読む ›
>> 続きを読む

花粉症に、鼻から塩水がなぜ効くのか? (Sat, 21 Apr 2018)
我が家の長男の熱はその後少し下がって38,5度。 医者には行っていません。 めっ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

花粉症で、39,9度の熱!? (Fri, 20 Apr 2018)
ここ数日、デュッセルドルフ、メアブッシュの花粉が凄い状況です。 車の屋根に黄色く… 続きを読む ›
>> 続きを読む

現代人が持っている、必要のない潜在能力 (Wed, 18 Apr 2018)
ダーウィン結節って聞いたことありますか? 耳の上の方、一部が尖っている部分を言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。なぜ座っているという動作は身体に良くないのか… (Wed, 11 Apr 2018)
人間の身体は重くて大切な頭を支えるためにアーチ状の土ふまず、足首、膝、腰、そして… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今年のドイツの花粉症 (Mon, 09 Apr 2018)
見てください、車の上に積もった黄色い粉。 これ、埃ではないんです。  … 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。Wer rastet, der rostet = 休む者は錆びる。 (Sun, 01 Apr 2018)
腰痛のある人が、ウォーキングを始めてしばらくすると治ってしまうというお話を良く聞… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">