ラジオ体操

ラジオ体操は長い年月の間に数々の改善などもあって人間の身体にとってかなり考え尽くされた究極の動きだそうです。元々はアメリカから来たものだそうですが、国が奨励して全国に広まり、ラジオ体操を毎朝行うと、例えば企業などで実際に統計上病欠が減るそうです。そこで多くの企業に取り入れられているわけです。

 

始めから跳んだり跳ねたりするのではなく、肩甲骨や腕などの動かしやすい部分から動かし始め、徐々に動きを大きくしていく。その後腰の運動を三つはさんで上下に伸びて太腿の裏側を伸ばして身体を柔らかくした全身を大きく回します。そして有酸素運動のジャンプを入れて手足の基本的な動きに戻って深呼吸で心拍や脈を整えるという起承転結がきちんと構築されているそうです。

 

ラジオ体操によって身体が効果的に動かされることによって脂肪が燃えて美脚や小尻になって姿勢が良くなる、肩こりや腰痛が改善される、目覚めが良くなるなどが期待できるだけではなく、筋肉や脳に血液が回って体の動きが活発になり、頭もさえてくる効果があるそうです。(月間致知2012年7月号、日本が誇る究極のエクササイズ”ラジオ体操 ”に秘められた力 整体外科医・スポーツドクター 中村格子より)

 

ただ行うだけではなく、手足を伸ばす時は思いきって伸ばす、そしてきびきびと動かすのが大事です。ユーチューブなどで第一も第二もすぐに出てきますので、両方を毎日行うことをお勧めいたします。できれば毎日朝と午後の2回くらい行えば、腰痛や四十肩等にもかなりの違いが出ると思われます。

22.09.12

 

ラジオ体操の詳しい説明
Radio Taiso kl..jpg
JPEGファイル 822.3 KB

テシェク エデレム

<div align="center">