未来の燃料、メタンハイドレード

昔から、日本には資源が少ないので、資源を輸入して製品を作り出しそれを輸出して稼ぐのを国策にするし かないと教わってきました。でもどうやらそれが少し様子が違ってきているようなのです。日本は小さな島国で、その陸地面積からいうと世界でわずか61番目(人口は10番目)なものの、領海などの周りの海を陸地と合わせると世界で6番目(海だけなら4番目)だそうです。そしてその領海の海底に膨大なエ ネルギーが眠っているそうなのです。


海底に眠るメタンハイドレートと呼ばれる資源だそうですが、19世紀にはもうその存在を知られていたそうです。あの大震災以降に急に実用化の動きが始まっ ているそうで、メタンハイドレートというのはメタンガスと水の混ざったシャーベットの状態のものだそうですが、火をつけると炎をあげるので燃える水とも呼 ばれるそうです。メタンガスは身近な燃料で、都市ガスの成分の約9割はメタンガスで比較的に環境に優しい性質でもあるそうです。


そ のメタンハイドレードが、日本の海底に膨大に存在しているそうですが、その量は2005年時点の日本の天然ガスの総消費量で計算して約94年分あるそう です。但しまだ技術的な課題も多くて実際に活用できるようになるまでにはまだ時間がかかりそうですし、有限なことには変わりありません。使えばいつかはなくなってしまいます。

 

それよりも風力発電、水力発電、太陽光発電、振動を利用した発電、波力発電、海洋温度差発電、潮流発電、潮位差発電(潮汐発電 発電・潮の満ち干利用)と、原子力以外にもいろいろと自然にある無限(?)の力を活用した発電方法がもっと発達してくれればと願うばかりです。


原子力発電も開発をやめれば確かにその方面では他国より遅れてしまいますが、その分の力を自然の力を利用する発電方法の開発に回して発達させて、それを輸出 すれば原子力発電をやめてもまだお釣りが来るというふうにはできないでしょうか。石油にしても石炭にしても原子力にしても(効率は良くてもウランを使 う)有限の資源を使うもの。いつかはなくなってしまいます。

 

なくなる前になくならない力を利用した発電方法を開発することにもっと専念できないでしょ うか。潮位差発電は既にフランスのランス潮汐発電所というところで実用化されているそうです。韓国でも潮位差が10メートルにも及ぶ西海岸で原子力発 電所2基分ものエネルギー発電を見込んでいるそうです。


韓国といえば日本と違って税制の面で政府がかなり企業の応援をしていますが、一昨日、昨日と行ってきたCeBITとというハノーバーの大きなメッセで韓国の 取引先の責任者から聞いたのですが、その会社は最近再び政府の援助金のようなものを受けられたそうです。創業してもう10以上たつ上場企業なのに政府から援助金?優れたものを開発するとそれが出るそうです。 

 

韓国の政府の企業応援には驚くものがあります(逆に日本がその面で乏し過ぎる?)。教育の面でも韓国には優秀な生徒を集めた学校とかがあると聞いていますが、日本の横並び体質というか護送船団主義は何とかならないでしょうか?でもそれは ”和を以て貴し”という長所と表裏一体の短所の面ならしょうがないのかもしれませんが、もう少し何とかしないと政治もこのままずるずるとなってただいたずらに消費税が上がっていくだけは避けてほしいものです。 


以前民主党が与党になりかけていたころ、日本の取引先の人が”これから日本は良くなりそうだ。” と 期待されていたのですが、私には信じられず、維新レベルのことでも起きない限り無理だと思っていました。そして今、日本の企業経営者達の間で消費税率 アップが何となく黙認されつつある雰囲気になってきているのが怖く感じられます。 

 

政治は牛の暴走にも似ているような気がするのですが、大勢の牛が間違っ た方向に暴走しているので、もし仮にその中の数頭が正しい方向に頭を向けようとしても全体にそのまま押し切られてしまう図です。 そしてタイタニック号の ジョーク(*)でもあらわされているように、日本は何と言っても ”赤信号、皆でわたれば怖くない” の国(?)。 いまのままただ単にずるずるいってしまわないでしょうか?

 

タイタニック号が沈む時に未練がましくいつまでも船に残っている男達にかける掛け声のジョークです。 アメリカ人には ”今ここで飛び込むとあなたはヒーローですよ!”、イタリア人には”きれいな女性が助けを求めていますよ!”、ドイツ人には ”飛び込むのが規則になっています!”、イギリス人には ”今ここで飛び込むのが紳士ですよ!”、日本人には ”皆さんもうとっくに飛び込みましよ!” ちなみに大阪人なら ”たった今阪神が優勝しましたよ!” だそうです(笑)。

 

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (土, 07 12月 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan. (Tue, 19 Nov 2019)
“IMO” ist ein innovatives Ge… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan (Tue, 19 Nov 2019)
CREWT is a venture company founded in Ap… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界一、臆病な日本の男たち…  椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その3 (Sat, 16 Nov 2019)
一週間に一回、計三回の通院で合計13本の注射。 (おまけに歯医者で口の中にも麻酔… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今日は歯医者、昨日は外科医、明日は? – ジジイになると大変… それでも私の健康保険はプライベートで僅か€119/月 (Fri, 15 Nov 2019)
椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩まされて外科医通い。 3回通って計13本の注射を腰… 続きを読む ›
>> 続きを読む

2度目の6本の注射 – 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その2 (Sat, 09 Nov 2019)
約1週間前に、お尻を通る太〜い、坐骨神経が痛くなり始めました。 腰の重み感で調子… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツ(人)と日本(人)の違い – 寒さの感じ方 (Tue, 03 Sep 2019)
デュッセルドルフの郊外にある屋外プールです。 メアブッシュから約15km、デュッ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても暑い夏の過ごし方 (Mon, 12 Aug 2019)
ドイツでは先日、記録を更新する暑さで珍しくクーラーが欲しいと思いましたが、クーラ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

間違ったウォーキングが日本を不健康に! (Sat, 27 Apr 2019)
という動画を偶然見つけました。 いえ、そういうアンテナが立っているので必然的に見… 続きを読む ›
>> 続きを読む

お年寄りのよちよち歩きはOKだけど、逆立ち歩きはダメ (Sat, 20 Apr 2019)
学校の水泳の授業で、もし溺れそうになった子供が出たら助けるレスキュースイマーをし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

40代から寿命を縮めないために何を食べるか… (Sat, 16 Feb 2019)
という題は、2018年4月21日の週刊ダイヤモンドのオンライン情報です。 走り仲… 続きを読む ›
>> 続きを読む

元気で長生きの秘訣、ピンコロ、123! (Mon, 03 Dec 2018)
本日は、123ですが、ピンコロ123の意味は、「123歳までピンピンして生きて、… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生に笑いを! 「面白きこともなき世を面白く」 (Sat, 01 Dec 2018)
「面白きこともなき世を面白く」 とは、幕末の志士、あの高杉晋作の言葉だそうです。… 続きを読む ›
>> 続きを読む

一番のアンチエージング、そして健康法は「頼らない」こと。 (Sat, 24 Nov 2018)
姪の結婚で一時帰国の際に、母の老化が心配するほど進んでいました。 歩く時に手を貸… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。番外編 – 人はどこから来て、どこへ行くのか... (Tue, 25 Sep 2018)
本当の健康を考えた場合、人間の過去の進化の過程を考えればすぐにその答えが出てくる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・ なぜ人は生まれてきたのか? (Tue, 11 Sep 2018)
なぜ人は生まれてきたのでしょうか。 世界三大聖人によると、残念ながらその理由は特… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・笑う門には福来る (Fri, 31 Aug 2018)
2004年に、遺伝子工学で世界的権威の村上和雄筑波大学名誉教授が、吉本興業と協力… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・情報とは、新鮮な心が幸福を返すもの? (Tue, 21 Aug 2018)
情報というのは、出せば出すほどいい効果が現れると思います。 情報があふれている現… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・言いたい欲が邪魔するコミュニケーション (Tue, 21 Aug 2018)
誤解というものをなくすには、それだけ多く話し合うしかありません。 「話せば分かる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

聴覚がより発達しているのは女? 男? (Wed, 15 Aug 2018)
ドイツのテレビでKIKAという子供〜学生向けチャンネルがあります。 休暇中に子供… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・猿のお面の実験でも分かる表情の大切さ (Sat, 11 Aug 2018)
以前、面白いTV番組を見たことがあります。 ある猿の集団の中で端の方にいる一匹の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・もっとも大切なこと  (Sat, 11 Aug 2018)
世の中で、人間が一人で生きていけないのは当たり前のことですが、その場合、もっとも… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・人間の脳の不思議 (Wed, 01 Aug 2018)
是非一度、次の動画をご覧下さい。 (https://www.youtube.co… 続きを読む ›
>> 続きを読む

子に対する母の想い… (Mon, 30 Jul 2018)
知人(女性)の息子さんが、自転車事故で大怪我をしました。 —R… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 ・自分で作ってしまう壁 (Sat, 21 Jul 2018)
スポーツの世界では「意識の壁」の実例がたくさんあります。 昔は100mを10秒よ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">