問題児

その先生が5年生の担任になった時にクラスに1人、服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年がいた。中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 

 

ある時、その少年の1年生からの記録が目に止まった。 朗らかで、友達が好きで、人にも親切。 勉強も良くでき、将来が楽しみ...とある。 間違いだ。 他の子の記録に違いない。 先生はそう思った。


2年生になると、母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻すると書かれていた。 3年生では、母親の病気が悪くなり、疲れていて教室で居眠りする。 3年生の後半の記録には、母親が死亡。 希望を失い、悲しんでいるとあり、4年生になると父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力をふるう


先生の胸に激しい痛みが走った。 だめだと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。 先生にとって目を開かされた瞬間だった。 放課後先生は少年に声をかけた。 先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない? 分からないところは教えてあげるから。 少年は初めて笑顔を見せた。 


それから毎日少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。 授業で少年が始めて手を上げた時、先生に大きな喜びがわき起こった。 少年は自信を持ち始めていた。 クリスマスの午後だった。 少年が小さな包みを先生の胸に押し付けてきた。 後で開けてみると香水のビンだった。 亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。 先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。 雑然とした部屋で独りで本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。 ああ、お母さんの匂い! 今日は素敵なクリスマスだ!


6年生では先生は少年の担任ではなくなった。 卒業の時に先生に1枚のカードが届いた。 先生は僕のお母さんのようです。 そして今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした。 それから6年。 またカードが届いた。 明日は高校の卒業式です。 僕は5年生で先生に担当してもらってとても幸せでした。 おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます。


10年を経てまたカードがきた。 そこには先生と出会えたことへの感謝と、父親に叩かれた体験があるから患者の痛みが分かる医者になれるとしるされてこうしめくくられていた。 僕はよく5年生の時の先生を思い出します。あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を神様のように感じます。 大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は5年生の時に担任してくださった先生です。 

 

そしてまた1年。 届いたカードは結婚式の招待状だった。 母の席に座ってください。 と一行書き添えられていた...


月刊誌 致知によく登場される鈴木秀子さんから伝えられたお話だそうです。

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

進化が示す、健康法則 (日, 17 9月 2017)
マクロビオティクスの創始者といわれ、世界中にそれを普及させた前述の桜沢如一さん(… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 13 9月 2017)
日露戦争の時に亡くなった日本の兵隊さんの数は4万人ほどだったそうです。その中の約… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (火, 05 9月 2017)
なぜマクロビオティクスは玄米菜食をすすめるのか マクロビオティクスにおいては、臼… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (月, 21 8月 2017)
ネアンデルタール人は約25万年前に出現した後、その約22万年後、つまり今から3万… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (金, 21 7月 2017)
田舎道に落ちている馬糞がもし人間の便だったら? 肉と野菜の腐り方を比べると著しい… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (火, 11 7月 2017)
人間は何を食べるべきか = 人間は今まで何をずっと食べ続けてきたか  … 続きを読む ›
>> 続きを読む

最近、足袋などの足の裏の薄い靴にこだわっています…   そして先日のPRIMARKの商品を3点使ってみた結果報告も… (土, 06 5月 2017)
靴というものの存在が、人間の本来の歩き方を変えてしまいつつあると思います。 人類… 続きを読む ›
>> 続きを読む

自分の睡眠を知るためのお勧めアプリ (土, 08 4月 2017)
スマホに無料でダウンロードして、 1) 自分の睡眠状態が分かり 2) 前日何歩歩… 続きを読む ›
>> 続きを読む

負荷をかける運動をするのが健康にも最適! (木, 23 3月 2017)
毎週日曜日の朝に仲間と一緒にGrafenbergの森を走っています。 ドイツは日… 続きを読む ›
>> 続きを読む

花粉症の始まる季節がますます早くなる…  でも大丈夫! (金, 17 3月 2017)
この冬もかなりの暖冬だったせいか、2月から花粉症が始まりました。 元々は6月だけ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

腰痛の人に朗報 その3 (金, 03 3月 2017)
セレンディピティーとか、運、ご縁のタイミングにはとても面白くて興味深いものがあり… 続きを読む ›
>> 続きを読む

腰痛の人に朗報 その2。ボルダリングのすすめ その2。 (水, 01 3月 2017)
以前、「ボルダリングのすすめ」で、その壁登りスポーツの良さを書きました。 ボルダ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

「笑い」という風邪の特効薬は、意外とまだそれほど知られていない? (土, 28 1月 2017)
以前デュッセルドルフに住んでいた知人の駐在員さんが出張でやって来て久しぶリに会い… 続きを読む ›
>> 続きを読む

腰痛の人に朗報! (日, 08 1月 2017)
つい先日、自称超健康優良オヤジ(?) が実は坐骨神経痛を患っていて満身創痍である… 続きを読む ›
>> 続きを読む

坐骨神経痛という悩ましい痛み... (日, 08 1月 2017)
もう少しすると赤いちゃんちゃんこを着る歳にもなるのに、とんぼ返り、バク転、トラン… 続きを読む ›
>> 続きを読む

風邪の新特効薬大発見! (木, 20 10月 2016)
自称、医者知らず(*)、薬要らずの「超健康優良オヤジ」が、ここ最近たるんでいたせ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

それでもまだインフルエンザの予防接種を受けますか? (月, 17 10月 2016)
毎年冬がやってくると、お医者さんはインフルエンザの予防接種を勧めます。 お医者さ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

頼るから不健康になる (月, 15 8月 2016)
車がその代表となる、様々な人間を歩かせなくしてしまった機械の数々。身体を動かさな… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (火, 05 7月 2016)
お医者さんはどうやって生計を立てているでしょうか。全てのお医者さんが北里医師のよ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 25 6月 2016)
子供の頃から花粉症に悩まされ、その症状は年々ひどくなるばかりでした。ある時、キャ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (月, 20 6月 2016)
不思議なご縁のお陰で健康に関する本を出させていただくことができました。 ドイツ語… 続きを読む ›
>> 続きを読む

お腹が空いていない時は食べないのが一番! (水, 15 6月 2016)
一日に三回食事をするというのは誰が決めたのでしょうか? 江戸時代には一日二回だっ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

眠くない時は起きているのが一番! (土, 11 6月 2016)
「よく寝れない…」 という人がいます。 それをとても気にしているよう… 続きを読む ›
>> 続きを読む

夜、常に爆睡なので、「良く眠れない」という人を理解できなかったのに、花粉症で眠れない…汗。 (木, 09 6月 2016)
私は超朝型です。 寝るのは21時~22時、ひどい(?)時は21時前。 過去に3人… 続きを読む ›
>> 続きを読む

NASAによると、今年の夏は過去最高の暑さ。花粉症も過去最悪? (火, 07 6月 2016)
奇妙に暑い冬が過ぎ、ラジオのニュースで聞いたNASAからの発表によると、今年の夏… 続きを読む ›
>> 続きを読む

伊勢志摩サミットのメルケル女史 (土, 04 6月 2016)
日本の友人から下記のメッセージが届きました。 … 前略…… 続きを読む ›
>> 続きを読む

見てください、この花粉! (水, 01 6月 2016)
見てください車の上にたまったこの花粉。 ここ数日の強い雨で、2,3日止めてある車… 続きを読む ›
>> 続きを読む

花粉症でキョーレツに目が痒い… (土, 28 5月 2016)
本日快晴微風。奥方と一緒に朝ジョグに行ってきました。 戻ってみると目が痒くて、痒… 続きを読む ›
>> 続きを読む

只今ドイツでは花粉症が真っ盛り… (水, 25 5月 2016)
NASAでは今年の夏の暑さは空前絶後であると発表しているだけあって、冬も異常に暖… 続きを読む ›
>> 続きを読む

どうして鼻の穴は2つあるのでしょうか? わきの下に毛が生えている意味が分からない… (火, 08 3月 2016)
1964年にアメリカの国家化学賞を受賞した、ウクライナ系のアメリカ人、テオドシウ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">