東京裁判は東京リンチだった

第二次世界大戦後の東京裁判と言われる、戦勝国による敗戦国へのリンチで、「平和に対する罪」 という、戦時中には存在しなかった、その後に作られた罪を、戦勝国によって無理やり押し付けられたものです。

裁判で、後で作った法律で、過去の行為を罰するというのはどういうものでしょうか?

例えばその昔、オートバイに乗るのにヘルメット着用は法律で決められていませんでした。つまり、ノーヘルが合法でした。

その後、オートバイが増えて事故も増え、ヘルメット着用は法で定められ、ヘルメットをかぶらずにオートバイに乗ると違法になりました。

その法律ができる前にヘルメット無しでオートバイに乗っていた人たちを、後から作った法律で罰することができるでしょうか。

次に、裁判というものは、公平に行われなくてはなりません。

ところが東京裁判は、戦勝国が敗戦国日本を裁くという、極端に不公平なものでした。とても裁判といえるものではなく、それはリンチ以外の何者でもありません。

当時の日本の首相など、敗戦国の代表者たちは絞首刑によって罰せられましたが、原爆を落とした責任者たちは無罪どころか、訴えられてもいません。

東京を含む日本各都市への大空襲の責任者たちも同じです。日本はパールハーバーという軍港を攻撃し、数千人のアメリカ軍人を殺してしまいました。

でもそれは国際法に基づいたものでした。ところがアメリカは、国際法を破って、広島、長崎を原爆にて、東京を含む主要都市への不必要な空襲で、30万人以上の民間人を殺害しました。

そんな比較は無意味かもしれませんが、日本軍が殺した相手は戦闘を行なうためのアメリカ軍人です。ですがその反対にアメリカ軍が殺した30万人以上の人たちは、日本の一般人・民間人なのです。

何十万人もの民間人を殺した責任者は罪を問われもせず、軍人を殺傷した責任者は絞首刑です。これをリンチといわずに裁判と言っています。

裁判中に、心ある公平なアメリカ人の弁護士のひとりがその点を突いてくれましたが、そこだけ英和訳はカットされ、理由は将来述べるということで裁判長から却下されてしまいました。

GHQのWGIPという、戦後の日本人洗脳プログラムは大成功したと言わざるを得ません。

忘れてはいけないのは、有色人種は19世紀の後半まで奴隷として西洋人(白人)に使われていたことです。

売り買いされたり、その扱い方は家畜同然でした。日本はそういう西洋からの侵略から免れていましたが、元々有色人種です。

日清戦争、日露戦争で勝利した有色人種の日本人は、アジアから中東にかけての有色人種たちから絶賛されました。

いえ、東欧の白人たちからさえも賞賛されました。但し東欧のその白人たちは強国から虐げられていた弱い立場の白人たちでした。

では強国の白人たちは、その有色日本人の勝利を喜んでいたでしょうか?第一次世界大戦後、パリ講和国際会議で日本は人種差別撤廃を訴えました。

でも無視される結果となりました。時はまだ1919年、西欧列強の国々が植民地を貪っていた時代だったので無理もありません。

第二次世界大戦後、村松剛という人が交換教授でカナダに滞在していた時に、ニューヨークタイムズの面白い切り抜き記事のコピーをお土産に、三島由紀夫氏と石原慎太郎氏に持ち帰って見せました。ひとつはドイツが降伏した時の社説です。

「我々は勝利してよかった。だが、ドイツ人とは本来友人であり、ドイツ人は優秀だから、将来を見据えて、彼らがナチスを排除するなら、我々はドイツの再建に協力していこう」 と、書いてあったそうです。

そしてもうひとつは、日本が降伏した時の社説で、その横には恐ろしく大きなナマズのような化け物がひっくり返って口を空けているところで、やっとこを手にしたGIが2,3人で牙を抜こうと格闘している漫画が載っていたそうです。

そして社説は、「この怪物は倒れたが死んだわけではない。我々はこの化け物の牙と骨を徹底的に抜き去らなければならない。この作業は戦争に勝つよりも難しいかもしれないが、アメリカは自分のためにも、世界のためにもこの作業を続けなければならない」

(村松剛さんの情報は、「勝つ日本」石原慎太郎著から)

この発想・思想がWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム) につながるわけです。

実際に、GHQが日本に来る時は、神風特攻隊の攻撃や、地上でも日本軍の決死の突撃を受けるなどの苦い経験をしていたので、日本人とはとんでもない人種だ、占領下の日本を統制することは一筋縄ではいかないと覚悟してきたそうです。

ところが実際には、日本人のその従順さに拍子抜けしたそうです。

出る杭は打たれるといいますが、有色人種の中で飛びぬけて出た杭である日本人は、先進列強諸国の白人たちから見てみれば、非常にいまいましい存在だったわけです。

 

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

コロナウィルスをキャベツで防ぐ (月, 23 3月 2020)
コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はか… 続きを読む ›
>> 続きを読む

身体に良い靴 (Wed, 04 Mar 2020)
「底の薄いシューズメーカーもいくつか現れ、大手メーカーもついにペチャンコな靴底の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 2 (Sun, 01 Mar 2020)
コロナウィルスの感染者が増え続けています。 日本の公立小中学校が新学期まで休みに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴のメーカーのとても大きな罪 (Sat, 29 Feb 2020)
この世にまだ靴が登場していなかった頃、人間は当然素足で歩いていました。 そしてよ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 (Mon, 24 Feb 2020)
コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

もし宇宙人が地球に来たら… (Wed, 12 Feb 2020)
という話題が先日、ある病院で知人の1人と出ました。 話の始まりは、この地球という… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」 (Wed, 15 Jan 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「私には出来ない」というメッセ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…? (Sat, 14 Dec 2019)
以前、地元の新聞 Rheinische Post の1面で面白い記事が出ていまし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (Sat, 07 Dec 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan. (Tue, 19 Nov 2019)
“IMO” ist ein innovatives Ge… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan (Tue, 19 Nov 2019)
CREWT is a venture company founded in Ap… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界一、臆病な日本の男たち…  椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その3 (Sat, 16 Nov 2019)
一週間に一回、計三回の通院で合計13本の注射。 (おまけに歯医者で口の中にも麻酔… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今日は歯医者、昨日は外科医、明日は? – ジジイになると大変… それでも私の健康保険はプライベートで僅か€119/月 (Fri, 15 Nov 2019)
椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩まされて外科医通い。 3回通って計13本の注射を腰… 続きを読む ›
>> 続きを読む

2度目の6本の注射 – 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その2 (Sat, 09 Nov 2019)
約1週間前に、お尻を通る太〜い、坐骨神経が痛くなり始めました。 腰の重み感で調子… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツ(人)と日本(人)の違い – 寒さの感じ方 (Tue, 03 Sep 2019)
デュッセルドルフの郊外にある屋外プールです。 メアブッシュから約15km、デュッ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても暑い夏の過ごし方 (Mon, 12 Aug 2019)
ドイツでは先日、記録を更新する暑さで珍しくクーラーが欲しいと思いましたが、クーラ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

間違ったウォーキングが日本を不健康に! (Sat, 27 Apr 2019)
という動画を偶然見つけました。 いえ、そういうアンテナが立っているので必然的に見… 続きを読む ›
>> 続きを読む

お年寄りのよちよち歩きはOKだけど、逆立ち歩きはダメ (Sat, 20 Apr 2019)
学校の水泳の授業で、もし溺れそうになった子供が出たら助けるレスキュースイマーをし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

40代から寿命を縮めないために何を食べるか… (Sat, 16 Feb 2019)
という題は、2018年4月21日の週刊ダイヤモンドのオンライン情報です。 走り仲… 続きを読む ›
>> 続きを読む

元気で長生きの秘訣、ピンコロ、123! (Mon, 03 Dec 2018)
本日は、123ですが、ピンコロ123の意味は、「123歳までピンピンして生きて、… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生に笑いを! 「面白きこともなき世を面白く」 (Sat, 01 Dec 2018)
「面白きこともなき世を面白く」 とは、幕末の志士、あの高杉晋作の言葉だそうです。… 続きを読む ›
>> 続きを読む

一番のアンチエージング、そして健康法は「頼らない」こと。 (Sat, 24 Nov 2018)
姪の結婚で一時帰国の際に、母の老化が心配するほど進んでいました。 歩く時に手を貸… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。番外編 – 人はどこから来て、どこへ行くのか... (Tue, 25 Sep 2018)
本当の健康を考えた場合、人間の過去の進化の過程を考えればすぐにその答えが出てくる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">