戦場慰安婦問題

朝日新聞の「慰安婦」報道、やっと誤報と認める

日韓関係こじらせた責任は?

朝日新聞が過去の「従軍慰安婦」報道が誤り、つまり誤報だったことを認めましたね。今まで、主に産経新聞、読売新聞が追及してきましたけど、産経、読売の報道のほうが正しかったことが証明されました。

 

この問題、教育現場でも左巻きの先生などは朝日新聞の報道を信じきって、生徒に教えてきたと思うんだけど、その根拠となる報道が間違いであったと朝日自ら認めたことで、今後、教育現場ではこの問題をどう扱っていくんでしょうか。

 

報道が間違いだったと認めただけで、明確な謝罪やおわびの言葉が一つもないのが朝日らしい。これだけで終わらせるつもりなんでしょうか?朝日新聞は。


日韓関係をここまで悪化させた責任は何らかの形でとって欲しいと思います。

DSC09922.JPG

以下、朝日新聞の記事より。

「慰安婦問題は朝日新聞の捏造だといういわれなき批判が起きています」・・・って、結局そのとおりだったわけで、32年間もの長い間、朝日自ら検証してこなかった責任は重いです。

DSC09859.JPG

「記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました」・・・って、一部ではないでしょ。この問題の根幹に関わる全てが間違い、捏造だったわけですよね。

で、最後に「裏付け取材が不十分だった点は反省します」・・・って、それだけかよ!それだけで済ませる気?無責任すぎます。

DSC09875.JPG

こちらが朝日新聞の検証記事。謝罪とかおわびではなく、あくまでも読者の疑問に答えるという形での検証記事。調べてみたら間違いだったことがわかったけど、謝るつもりはないからね~という感じでしょうか。

DSC09862.JPG

「軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていません」・・・と。そんなことずいぶん前から指摘されてたことなのに、朝日は今頃気づいたんでしょうか。

DSC09868.JPG

そもそものこの報道の発端となった「吉田証言」。つまり、「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」とする吉田清治氏の証言を報じた記事も、あっさりと「虚偽だと判断し、記事を取り消します」と。
そして「証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました」と。これも、産経新聞などの一部メディアやこの問題に懐疑的な立場の識者からさんざん指摘されていたこと。この記事が捏造であったことがはっきりしました。

DSC09865.JPG

そして、「慰安婦」と、慰安婦とは全く関係ない工場で徴用されていた「女子挺身隊」とを混同して伝えた罪も大きいです。
これも「誤用しました」と書いているけど、誤用ではなく明らかな「誤報」です。
「誤用しました」ということで済む問題なんでしょうか。

当時の記事では「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる」と報じています。

今、在米韓国人のロビー活動により、各地に慰安婦像や石碑が建てられる事態となってますが、そこには「20万人の性奴隷」と書かれています。
「虚偽の吉田証言」と「女子挺身隊とを混同」した朝日新聞の報道が元で、こういう事態となり、日韓関係も悪化。この責任は一体どう取るんでしょう?

DSC09870.JPG

「日韓関係 なぜこじれたか」って!アンタ!何言ってんの~
朝日新聞の大誤報がそもそもの原因でしょ。

朝日新聞、毎日新聞以外のメディアや識者からは、朝日新聞報道の信憑性には疑問があることを指摘されるつつも、今まで32年間無視しつづけ、誤りを認めず、日韓関係をここまでこじらせてしまった朝日新聞の責任は重大です。

DSC09924.JPG

沖縄の琉球新報や沖縄タイムズはこの誤報をどう伝えたか?紙面を見ていないのでわかりませんが、ネットの記事を見た限りでは、共同通信の配信を短く簡単に伝えているだけのようです。(琉球新報沖縄タイムズ)ま、朝日以上に左寄りのメディアなので、自ら報道してきたことを否定するようなことは大きく書きたくないんでしょうね。

今回ご紹介した紙面は、読売テレビ す・またん!から借用させていただきました。

DSC09872.JPG

この問題、詳しくお知りになりたい方は、読売新聞と産経新聞をお読み下さい。

朝日慰安婦報道 「吉田証言」ようやく取り消し(読売新聞・社説)
朝日慰安婦報道 「強制連行」の根幹崩れた(産経新聞・主張)
32年後の訂正も明確な謝罪避ける 調べれば分かる挺身隊との混同も「研究の乏しさ」に(産経新聞・検証記事)

青山繁晴氏も、関西テレビ スーパーニュースアンカーで厳しく批判していました。

青山繁晴氏、朝日新聞の慰安婦報道一部取り消しの核心に迫る 「反日報道で大きな部数を誇ってきた新聞社の終わり」

 





 

 

さらにはこんなことまで明るみに...:

 

韓国で元「米軍慰安婦」122人が国に賠償求め集団提訴 政府の厳しい管理下で「人権侵害」

2014.6.25 23:56 「慰安婦」問題
 

 【ソウル=加藤達也】朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)で米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性ら122人が25日、「米軍 慰安婦」として韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害されたなどとして、1人当たり1千万ウォン(約100万円)の国家賠償を求める集団訴訟をソウ ル中央地裁に起こした。訴訟を支援する団体によると、「米軍慰安婦」による国家賠償訴訟は初めてという。

 

 慰安婦たちは「基地村女性」と呼ばれ、1960~80年代、韓国政府が在韓米軍維持などのために売春を奨励したほか、性病検査も強制していたとされる。

 

 実際、96年まで慰安婦の「性病管理所」が存在していたことが確認されており、女性団体が政府に対応を求めていた。

 

 この問題はこれまで国会でもたびたび取り上げられ、政府も施設の存在を認めていたが、「旧日本軍の慰安婦」ほど注目されていなかった。

 

 昨年11月の国会では、野党議員が朴正煕元大統領の決裁署名入りの文書記録を基に政府を追及。それによると、基地村は62カ所あり、「米軍慰安婦」は9935人いたという。

 

 昨年の国会質疑では、韓国政府は当時、女性らを「ドルを稼ぐ愛国者」として何度もたたえたとされている。朴元大統領が直接管理していたとする指摘もあり、今後、長女の朴槿恵大統領が野党や訴訟支援勢力から追及される可能性もある。

 

 

 

 

ここから先は、朝日新聞が誤報を認める以前のものです...:

 

韓国人の存在が強いアメリカの一部では、捏造された情報の認識による、慰安婦像なるものが建てられて、つばを吐きかけられたり、「I hate Jap.」 と殴られたり、村八分にされたりと、現地の日系の子どもたちが深刻ないじめに遭っています。

 

慰安婦問題の焦点は、戦争当時に日本軍が慰安婦を強制連行するなどの強制的行為をしたかどうかの事実があるか、ないかという点です。

 

というものは、国が集めた人間の組織です。でも人間は万人万色でいろいろな人がいます。中には悪い人もいますし、欲望に負けるなどして魔が差す時もあります。

 

決して許されることではありませんが、戦時中に日本軍人の一部が心無い行為を行ったことがあったかもしれません。でもそれは日本軍人に限らず、世界中の軍人にいえることです。人間のいるところにドロボーありと同じです。

 

もしそのような犯罪が明るみに出れば、その軍人は罰せられることになります。罰するのは軍、つまり国です。国はそのような行為を行うのではなく、逆に罰する立場です。

 

世の中には、お金目的で売春行為を行える女性がいて、それを取り次いで商売にする仲介人もいます。わざわざ軍人が強制しなくても、売春をする女性も、それを取り次ぐ斡旋人も、需要のあるところには自然に集まってしまうのは世の常です。

 

日本軍は世界の軍隊の中でも最も規律が厳しく礼儀正しい軍の一つであったそうですが、日本の集団行動の素晴らしさは、震災時だけではなく、電車とホームの隙間に落ちてはさまった女性救出の時にも現れています。でもそれは、厳しかった自分達の親、祖父、祖母あるいはそれ以前の人たちを見れば容易に想像できないでしょうか?

 

このように、あり得ない慰安婦問題で、日本をバッシングしている心無い人たちには本当にがっかりさせられますが、正しい認識ができずに、そのデマがまるであったかのように勘違いしてしまう日本人たちにも困ってしまいます。そのひとつの例が、2012年にミスインターナショナルに選ばれた女性の発言です。

 

彼女はCBSというアメリカのラジオ番組で、従軍慰安婦問題についてコメントを求められた時に、「日本国内で、謝罪の必要はない」という意見が出ていることに対し、「恥ずかしい、憤っている」 と発言してしまいました。

 

それは自分の親が、ありもしないことでドロボー呼ばわれされ、親が「そんな事実はありません」と答えたら、その子どもがその発言に対して、「恥ずかしい、憤っている」と言うようなものです。

 

彼女はその後、自分の間違いに気がついた(*)のか、「勉強不足、かつ英語でのインタビューで言葉足らずな部分もあり、皆さんに大変な混乱と誤解を招きましたことお詫び申し上げます」と謝罪しました。

 

その謝罪文はさらに、私は、女性がいきいきと生きていける社会になってほしいと願っています。ただ慰安婦という女性の生き方、またそのような状況に身を置かなければならなかった女性がいたことに対して、悲しく感じているのです」と、続きます。

 

そのような状況に身を置かなければならなかった女性がいたことを悲しく感じるのは彼女の自由ですが、当事のような貧しい状況ではなく、今日でも世の中にはお金を稼ぐためには売春ができる女性がいることも知っておかなければなりません。

 

ミスインターナショナルは、過ちに気がついて謝罪しましたが、数人の政治家はそれをしていません。そういう人たちに、日本の政治をまかせておいていいのでしょうか。

 

昔ドイツで日本人学生が車にはねられて、虫の息の時に回りに集まったドイツ人たちに、「(こんなに大勢の人が集まるようなことが起こってしまい、ご迷惑をおかけして)すみません」らしき発言をしたそうです。

 

それをドイツ語に直せば謝罪の言葉にしかならず、本意は伝わりません。そのためにその事故は、被害者である学生の方が悪かったのだと処理されてしまったそうです。

 

慰安婦問題と、南京問題は、日本に降りかかる火の粉に似ていると思います。領土問題は、仮に最悪失っても、一部の領土を失うだけですみますが、この二つの問題は火の粉と同じでへたをすると全身火事になってしまうこともあり得ます。

 

皆さんは世界中の人から、間違った情報によって日本、日本人が悪い国だと思われて平気でいられるでしょうか?もしそれが自分個人の問題だったらどうでしょうか。

 

アメリカでは、慰安婦像が建った後に、現地の日系の子供たちがいじめにあっています。慰安婦問題と南京問題、この二つの問題に対して、日本人ならきちんと情報を集めて勉強し、襟を正して凛とした態度で対応すべきではないでしょうか?

 

謙虚を美徳とする国民性は素晴らしくて大変いいことですが、それは外に対する発言、情報発信が苦手なことを意味します。それでは国際社会では少なくとも表面的には損をしてしまいます。国際社会では通用しないのです。

 

表面的なことではなく、真の日本の国民性を好いてファンになってくれる外国人はいますが、それでもまだごく少数です。日本をいやみ嫌う人たちのデマで、世界から日本・日本人が間違って見られていいのでしょうか?

 

日本のことをよく知り、熱烈なファンになってくれている外国人にもこの二つの問題は誤解されていることが多いのも残念なことです。日本・日本人は素晴らしい、でも慰安婦問題や南京問題などの事実が存在する面もある... と、間違って理解している人がいます。


この二つの問題に直接関係する二カ国が騒げば騒ぐほど、それを何とかしようとする反作用(心ある日本人の活動)がますます強くなり、捏造されているという事実が明るみに出てくるので、そういう意味ではいいことであるのかもしれませんが、ここを読まれた方も、是非一度この問題を考えてみてください。

 

 

 

日韓基本条約

1965年、日本と韓国が国交を結んだ際に締結

 

日本から韓国に対して、当時の韓国の国家予算の2倍以上にあたる、有償2億ドル、無償3億ドル、民間3億ドルの経済援助金を支払い(当時の韓国の国家予算が3,5億ドル)、日韓合邦中に韓国に残った資産である、GHQの試算による53億ドルを放棄。これをもって両国間の間において完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する条約。

 

他にも日本は韓国に対して、本当に数多くの援助を行なってきました。詳しくはこちら

 

元々この問題は、慰安婦支援団体の幹部を務め、一億円以上も集めて詐欺罪で訴えられて行方をくらましている韓国人女性の娘と結婚した、朝日新聞社に勤める植村隆という記者が、1991年に書いた捏造記事がことの起こりだそうです。

 
その植村記者は、一切の逆取材から逃げ回っているそうです。妻の母親のために職権乱用で行った行為、しかも偽りの報道。一人の新聞記者のデタラメにより、国が大変なことになってしまっています。
 
 

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (水, 27 5月 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その2(免疫を高める-食事) (Fri, 22 May 2020)
免疫を高める方法は大きく分けると3つになります。 その内のひとつ、食事。 何を食… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ワクチンさえ出来れば、コロナ対策も、もうラクチン (Wed, 20 May 2020)
くだらないダジャレから入りましたが、対コロナでふと思いついたことがあります。 コ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その1 (Sun, 17 May 2020)
コロナ騒ぎが始まってからというものの、様々な経済活動をストップするような接触を避… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルス。やっと経済活動再開! (Wed, 06 May 2020)
ドイツ、デュッセルドルフが州都であるNRW州で5月11日(来週月曜日)からやっと… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> 続きを読む

(コロナ)ウィルスとマスク、鼻毛の関係 (Mon, 27 Apr 2020)
口を開けたまま、つまり口呼吸で生活をしていると、口が乾くだけではなくて身体に良く… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ウィルスとマスクの関係 (Sun, 26 Apr 2020)
(コロナ)ウィルスの方が、マスクの目よりも小さいので、ウィルスは簡単に通り抜けて… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味 (Wed, 22 Apr 2020)
先週の金曜日の虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授の発表がとても興味深いでした。 日本… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開 (Sun, 19 Apr 2020)
コロナウィルス対策で、ドイツの薬局やスーパーなど食料品や必需品販売以外の商店がず… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスをキャベツで防ぐ (Mon, 23 Mar 2020)
コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はか… 続きを読む ›
>> 続きを読む

身体に良い靴 (Wed, 04 Mar 2020)
「底の薄いシューズメーカーもいくつか現れ、大手メーカーもついにペチャンコな靴底の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 2 (Sun, 01 Mar 2020)
コロナウィルスの感染者が増え続けています。 日本の公立小中学校が新学期まで休みに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴のメーカーのとても大きな罪 (Sat, 29 Feb 2020)
この世にまだ靴が登場していなかった頃、人間は当然素足で歩いていました。 そしてよ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 (Mon, 24 Feb 2020)
コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

もし宇宙人が地球に来たら… (Wed, 12 Feb 2020)
という話題が先日、ある病院で知人の1人と出ました。 話の始まりは、この地球という… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」 (Wed, 15 Jan 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「私には出来ない」というメッセ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…? (Sat, 14 Dec 2019)
以前、地元の新聞 Rheinische Post の1面で面白い記事が出ていまし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (Sat, 07 Dec 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">