田母神 俊雄 元航空自衛隊幕僚長

「日本は侵略国家であったのか」という論文を書き、20081031日に第一回「真の近現代史観」論文懸賞で、最優秀藤誠志賞を受賞しました。

 

ところがその論文の内容は、過去に日本は侵略戦争をしたという政府の認識とは異なったために、その職を追われることになりました。

 

田母神さんの理論を理解するには、その論文を読むのが一番良いので、インターネットで直ぐに見つかりますが、下記用意してあります。

 

日本は侵略国家であったのか
日本は侵略国家であったのか.doc
Microsoft Word 56.0 KB

 

田母神さんの主張をまとめると、

 

1.日本はそろそろ自立しよう

2.国防をしっかりしよう。

  つまり、現在の訳の分からない存在である自衛隊を、

  日本国軍にしよう

3.核を持とう

 

ということになると思います。

2.と 3.は、一見物騒に響きますが、実は全くそうではないと言います。2.の方などは、むしろ現在のその状況こそが世界で唯一の非常識な状態で、良く言えば世界中から不思議がられ、悪く言えばバカにされています。

 

最近やっと集団的自衛権が実現しそうですが、それが無ければ、次のようなことが起こります。例えばアメリカと日本は安保条約を結んでいますが、アメリカと日本の軍艦が近くにいて、アメリカの軍艦が、どこかの軍艦に攻撃を受けて立ち往生しているとします。

 

もし集団的自衛権が無い場合は、日本の軍艦はこの時、攻撃しているその軍艦に対して攻撃できずに、指をくわえて見ているか、逃げるしかないのです。

 

そんな不公平、理不尽なことがあるでしょうか。日本の自衛隊は、襲いかかる船や飛行機があっても、攻撃できないのです。

 

であるがゆえに、中国の船にぶつけられても何もできないし、北朝鮮の人さらい船が来ても何もできないのです。

 

3.の核に関しては、核を使うために持つのではなく、戦争を起こさないようにするために持つと言います。核を持つことによって、戦争をしかけられないようにするのです。それは、強そうな相手には喧嘩を売らない、ちょっかいを出さないという理屈に元づいています。

 

今の世界、特にこれだけ平和ボケした先進諸国の間で、戦争が起こることがありえるでしょうか?発展途上国など、先進国とは常識の違う所でなら話は別ですが、現在の先進諸国ではあり得ません。

 

但し、それでも外交では武力がものを言います。強そうに見えれば喧嘩を売られないのです。 使うための武力ではなく、外交において背後にあって見える武力、そして大きな自然災害などの時に活躍する武力です。

 

国益同士がぶつかり合う外交においては、残念なことながら、日本人の美徳である謙遜や思いやりは通じません。なぜならその美徳は、国際社会においては非常識だからです。

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

花粉症に、鼻から塩水がなぜ効くのか? (土, 21 4月 2018)
我が家の長男の熱はその後少し下がって38,5度。 医者には行っていません。 めっ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

花粉症で、39,9度の熱!? (金, 20 4月 2018)
ここ数日、デュッセルドルフ、メアブッシュの花粉が凄い状況です。 車の屋根に黄色く… 続きを読む ›
>> 続きを読む

現代人が持っている、必要のない潜在能力 (水, 18 4月 2018)
ダーウィン結節って聞いたことありますか? 耳の上の方、一部が尖っている部分を言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。なぜ座っているという動作は身体に良くないのか… (水, 11 4月 2018)
人間の身体は重くて大切な頭を支えるためにアーチ状の土ふまず、足首、膝、腰、そして… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今年のドイツの花粉症 (月, 09 4月 2018)
見てください、車の上に積もった黄色い粉。 これ、埃ではないんです。  … 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。Wer rastet, der rostet = 休む者は錆びる。 (日, 01 4月 2018)
腰痛のある人が、ウォーキングを始めてしばらくすると治ってしまうというお話を良く聞… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。重力と振動。 (水, 21 3月 2018)
血の循環だけではなくて、振動も身体には大事であることが分かっています。 骨折の後… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。世の中をきれいにする循環。 (日, 11 3月 2018)
ご存知の通り、心臓は全身の細胞に欠かせない血液を24時間くまなく循環させ続けてく… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。産業界、メーカーのたくらみ 2 (木, 01 3月 2018)
他の全ての動物たちが食べることと種の保存で精一杯の人生が終わってしまうのに比べて… 続きを読む ›
>> 続きを読む

フェイクニュースと放送法遵守を求める視聴者の会 (日, 25 2月 2018)
旭日旗を極端に嫌い、反日に余念がない3つの国のために働いているとしか思えない報道… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。産業界、メーカーのたくらみ…? (火, 20 2月 2018)
メーカーが競い合って履き心地を向上させる靴や、早くて簡単に食べられる食料品に限ら… 続きを読む ›
>> 続きを読む

肉は身体に良い?悪い?食事は1日3食が良い? (日, 18 2月 2018)
靴底は薄い方が良いか、厚くてクッション性が高い方が良いかのブログでいただいたコメ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴の裏は薄い方が良いのか、それとも厚くてクッション性が高い方が良いのか… (月, 12 2月 2018)
ということに関する先日出したブログで興味深いコメントをいただきました。 そこで今… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。身体の意味。 (土, 10 2月 2018)
さてふくらはぎは、その形を大きく変えて静脈弁のポンプ機能に貢献するゆえんから第2… 続きを読む ›
>> 続きを読む

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (木, 08 2月 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今、風邪を引いたと思っている人はいませんか? (火, 30 1月 2018)
それって、花粉症では!?   今年の花粉(症)は、ちょっと異常な気がし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。靴も現代の悪? (火, 30 1月 2018)
歩く、走る際には靴に関して注意が必要です。 靴というものの存在が人間の本来の歩き… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 20 1月 2018)
良い運動 人間にとっての最高の動き、ウォーキング。 膝の手術後に走れなくなってし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 10 1月 2018)
人類の祖先の身体は最初の頃は非常に小さかったそうですが、二本足で歩き続けたことに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 30 12月 2017)
人間にとって一番良い動き、運動とは 現代人は、文明の発達によって素晴らしい快適さ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 20 12月 2017)
「進化が示す、健康法則」を読んで下さった友人の1人から、「キャベツを万能の神のご… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (日, 10 12月 2017)
文明の発達が人間をダメにしているのはもう明らかな事実 もっと正しく言えば、便利に… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (木, 30 11月 2017)
信じるものは救われる 信じる者は救われるという言葉があります。実際にこの私も疑う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 18 11月 2017)
食べればやせるダイエット??? 世に広まるさまざまなダイエット。残念ながら健康の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (金, 10 11月 2017)
人間の身体は、60兆個もの細胞から成り立っていると言われています。その1つ1つに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 25 10月 2017)
元々人間の身体はその時の状況に合せて自動的にいろいろと調整を行う、実によくできた… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (日, 08 10月 2017)
ガンをも治す断食 断食療法といえば、甲田光雄医師や、石原結實医師が有名です。甲田… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (金, 29 9月 2017)
今からもう40年以上も前に、アメリカでマクガバンレポートという、国民の病気と食生… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (日, 17 9月 2017)
マクロビオティクスの創始者といわれ、世界中にそれを普及させた前述の桜沢如一さん(… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 13 9月 2017)
日露戦争の時に亡くなった日本の兵隊さんの数は4万人ほどだったそうです。その中の約… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">