円形脱毛症

円形脱毛症とは血液の中のリンパ球が、毛根部分の自己抗原を間違って攻撃してしまって脱毛となる自己免疫疾患で、精神的なストレスや高熱、ダイエットで一時的に脱毛となる場合と違うそうですが、いずれにしても原因が取り除かれれば再び毛髪は生えてくるそうです。

 

円形脱毛症は普通直径1~2cm のものが 2~3個できても7割ほどは自然治癒するそうですが、直径が3cmを超える場合や、脱毛部分が広がっていって他の脱毛部分とつながって脱毛面積が増えるタイプは治り難いそうです。中には脱毛部分が全頭部に広がったり、体毛にまで広がることもあってそれらの治療は長くかかるそうです。

 

いずれにしても専門の医師なら皮膚や抜けた毛髪、血液検査などですぐに診断がつきます。でも円形脱毛症の根本的な治療はまだ確立されていないので、どうしても対症療法となるそうです。脱毛面積が全体の25%以下と以上に大きく分けて、軽症の前者なら外用薬やステロイド剤以外の内服薬で様子を見、発毛の兆候がない時にはステロイド注射に頼ることになるそうです。


再発も可能性も高く、再発すればするほど治り難くなるそうです。限られた専門医による局所免疫療法では、脱毛部分に化学物質で皮膚炎を起こして毛根を攻撃してしまうリンパ球の免疫反応を変化させるそうです。

 

いずれにしても喫煙、ストレス、睡眠不足、不規則な生活はよくないそうです。毛髪再生に関することならこちら

テシェク エデレム

<div align="center">