放射能

月刊誌致知で気になる記事を見つけました。放射能に関することですが、オックスフォード大学の名誉教授で、”放射能と理性” という本を出したウェード・アリソン博士が講演で述べられたそうですが、”今福島で起こっている問題は被爆自体ではなくて、被爆への恐怖である。” だそうです。(その通りのような気がします...)

 

”放射線は人体に有害である” という認識、常識は80年ほど前の遺伝学者のハーマン・マラー博士のショウジョウバエの実験の結果に由来しているそうです。 その実験ではショウジョウバエのオスに ”X”線を照射すると二世代、三世代先にグロテスクな形態のショウジョウバエが出たそうです。

 

でもそれはまだDNAのことがよく分かっていなかった時代のお話。大量の放射線は確かにDNAを傷つけるそうですが、放射線以外にもDNAを傷つけるものはたくさんあるそうです。しかも放射線を浴びるとDNAが傷ついて、それが次世代やその次に異常が現れることはよっぽどの量でないとほとんどないそうです。

 

生物には修復酵素というものが存在して、それが常にDNAの傷を修復しているからだそうです。チェルノブイリのひどい被害者ほどの被爆量だとその修復も追いつかないのかもしれません。つまりは程度問題。ちなみにショウジョウバエはその修復酵素を持たない稀な生物だそうです。

 

短時間に一気に大量の放射線を浴びるとさまざまな異変を発症して死にいたるのは事実だそうですが、あくまでもそれは程度問題であって少ない量を長時間浴びるのは無害どころか健康にいいことが分かってきているそうです。例えば鳥取県の三朝温泉はラジウム温泉として有名だそうですが、ラジウムは放射性物質。

 

1992年の調査で、三朝町の年間放射線量は10ミリシーベルト(1万マイクロシーベルト)だったそうですが、町の癌による死亡率は全国平均を1とすると0,49だったそうです。つまり半分以下。 あるいは台北の、1万人もの人が居住する大規模マンション。

 

1982年に建てられたそうですが、2002年になってマンションの建築資材が放射性コバルトに汚染されていることが分かったそうなのですが、調べによるとマンション内の放射線量は年間50ミリシーベルト(5万マイクロシーベルト)だったそうです。

 

そこで住民の健康調査が行われたそうですが、その意外な結果は、台湾の年間癌死亡率が10万人に対して166人であるのに対して、そのマンションの住人は同じ比率でいうと僅か3,5人だったそうです。さらには東京世田谷の住宅地で600マイクロシーベルトの放射線量が観測されて大騒ぎになったらしいのですが、なぜそうなったのかは分からないものの、ある民家の床下に昔埋められたラジウムが原因だったそうです。

 

その民家には何も知らずに50年来住んでいる老人がいるそうで、年間被爆推定線量は90~180ミリシーベルト(9万~18万マイクロシーベルト)だそうですが、今も92歳で健在だそうです。大量線量の一気の被爆は有害なものの、低線量の長時間の被爆は実は健康にいいというのが今では科学の世界の常識になっているそうです。

 

ミズーリ大学の名誉教授で、ホルミシス効果という研究で知られたトーマス・ラッキーという生化学者がいるそうです。劇薬は人体に有害である。でもある種の劇薬を少量投与すると健康に効果がある、というのがホルミシス効果だそうです。そして放射線にもホルミシス効果があることを突き止めたそうです。

 

低線量の放射線は修復酵素の活性化を促して健康をもたらすそうです。ではどのくらいの線量がいいのか? 月間100ミリシーベルト(10万マイクロシーベルト)、年間千二百ミリシーベルト(百二十万マイクロシーベルト)までの被爆が安全で健康にいいそうです。 

 

つまり現在福島で強制的に非難させられて苦しい生活を強いられている周辺、年間5ミリシーベルト(5千マイクロシーベルト)の土壌を削って取り除くとかは意味のないお話で、福島原発20km圏内の毎時1マイクロシーベルト以下、激しい時の10マイクロシーベルトのような低線量はむしろ健康にいいレベルだそうです。

 

ではなぜそういうこと(常識=迷信)が起きるか? 脱原発や自然エネルギーを唱えている人達の勢力のせいだそうです。魚の汚染や野菜の汚染がどこどこで出たと騒ぎ立てて被爆の恐怖をあおりたてているだけだそうです。 

 

以上は月刊誌 ”致知” の1月号、渡辺昇一上智大学名誉教授の ”歴史の教訓から” によるものです。渡辺名誉教授は原子力賛成派です。理由はその貢献度の高さ、そしてもしやめると今後日本がその技術から取り残されてしまうからだそうです。放射能もやはり程度問題でしょうか。過ぎたるは及ばざるが如し...

4.Mar.12

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (水, 27 5月 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その2(免疫を高める-食事) (Fri, 22 May 2020)
免疫を高める方法は大きく分けると3つになります。 その内のひとつ、食事。 何を食… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ワクチンさえ出来れば、コロナ対策も、もうラクチン (Wed, 20 May 2020)
くだらないダジャレから入りましたが、対コロナでふと思いついたことがあります。 コ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その1 (Sun, 17 May 2020)
コロナ騒ぎが始まってからというものの、様々な経済活動をストップするような接触を避… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルス。やっと経済活動再開! (Wed, 06 May 2020)
ドイツ、デュッセルドルフが州都であるNRW州で5月11日(来週月曜日)からやっと… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> 続きを読む

(コロナ)ウィルスとマスク、鼻毛の関係 (Mon, 27 Apr 2020)
口を開けたまま、つまり口呼吸で生活をしていると、口が乾くだけではなくて身体に良く… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ウィルスとマスクの関係 (Sun, 26 Apr 2020)
(コロナ)ウィルスの方が、マスクの目よりも小さいので、ウィルスは簡単に通り抜けて… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味 (Wed, 22 Apr 2020)
先週の金曜日の虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授の発表がとても興味深いでした。 日本… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開 (Sun, 19 Apr 2020)
コロナウィルス対策で、ドイツの薬局やスーパーなど食料品や必需品販売以外の商店がず… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスをキャベツで防ぐ (Mon, 23 Mar 2020)
コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はか… 続きを読む ›
>> 続きを読む

身体に良い靴 (Wed, 04 Mar 2020)
「底の薄いシューズメーカーもいくつか現れ、大手メーカーもついにペチャンコな靴底の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 2 (Sun, 01 Mar 2020)
コロナウィルスの感染者が増え続けています。 日本の公立小中学校が新学期まで休みに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴のメーカーのとても大きな罪 (Sat, 29 Feb 2020)
この世にまだ靴が登場していなかった頃、人間は当然素足で歩いていました。 そしてよ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 (Mon, 24 Feb 2020)
コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

もし宇宙人が地球に来たら… (Wed, 12 Feb 2020)
という話題が先日、ある病院で知人の1人と出ました。 話の始まりは、この地球という… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」 (Wed, 15 Jan 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「私には出来ない」というメッセ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…? (Sat, 14 Dec 2019)
以前、地元の新聞 Rheinische Post の1面で面白い記事が出ていまし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (Sat, 07 Dec 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">