放射能

月刊誌致知で気になる記事を見つけました。放射能に関することですが、オックスフォード大学の名誉教授で、”放射能と理性” という本を出したウェード・アリソン博士が講演で述べられたそうですが、”今福島で起こっている問題は被爆自体ではなくて、被爆への恐怖である。” だそうです。(その通りのような気がします...)

 

”放射線は人体に有害である” という認識、常識は80年ほど前の遺伝学者のハーマン・マラー博士のショウジョウバエの実験の結果に由来しているそうです。 その実験ではショウジョウバエのオスに ”X”線を照射すると二世代、三世代先にグロテスクな形態のショウジョウバエが出たそうです。

 

でもそれはまだDNAのことがよく分かっていなかった時代のお話。大量の放射線は確かにDNAを傷つけるそうですが、放射線以外にもDNAを傷つけるものはたくさんあるそうです。しかも放射線を浴びるとDNAが傷ついて、それが次世代やその次に異常が現れることはよっぽどの量でないとほとんどないそうです。

 

生物には修復酵素というものが存在して、それが常にDNAの傷を修復しているからだそうです。チェルノブイリのひどい被害者ほどの被爆量だとその修復も追いつかないのかもしれません。つまりは程度問題。ちなみにショウジョウバエはその修復酵素を持たない稀な生物だそうです。

 

短時間に一気に大量の放射線を浴びるとさまざまな異変を発症して死にいたるのは事実だそうですが、あくまでもそれは程度問題であって少ない量を長時間浴びるのは無害どころか健康にいいことが分かってきているそうです。例えば鳥取県の三朝温泉はラジウム温泉として有名だそうですが、ラジウムは放射性物質。

 

1992年の調査で、三朝町の年間放射線量は10ミリシーベルト(1万マイクロシーベルト)だったそうですが、町の癌による死亡率は全国平均を1とすると0,49だったそうです。つまり半分以下。 あるいは台北の、1万人もの人が居住する大規模マンション。

 

1982年に建てられたそうですが、2002年になってマンションの建築資材が放射性コバルトに汚染されていることが分かったそうなのですが、調べによるとマンション内の放射線量は年間50ミリシーベルト(5万マイクロシーベルト)だったそうです。

 

そこで住民の健康調査が行われたそうですが、その意外な結果は、台湾の年間癌死亡率が10万人に対して166人であるのに対して、そのマンションの住人は同じ比率でいうと僅か3,5人だったそうです。さらには東京世田谷の住宅地で600マイクロシーベルトの放射線量が観測されて大騒ぎになったらしいのですが、なぜそうなったのかは分からないものの、ある民家の床下に昔埋められたラジウムが原因だったそうです。

 

その民家には何も知らずに50年来住んでいる老人がいるそうで、年間被爆推定線量は90~180ミリシーベルト(9万~18万マイクロシーベルト)だそうですが、今も92歳で健在だそうです。大量線量の一気の被爆は有害なものの、低線量の長時間の被爆は実は健康にいいというのが今では科学の世界の常識になっているそうです。

 

ミズーリ大学の名誉教授で、ホルミシス効果という研究で知られたトーマス・ラッキーという生化学者がいるそうです。劇薬は人体に有害である。でもある種の劇薬を少量投与すると健康に効果がある、というのがホルミシス効果だそうです。そして放射線にもホルミシス効果があることを突き止めたそうです。

 

低線量の放射線は修復酵素の活性化を促して健康をもたらすそうです。ではどのくらいの線量がいいのか? 月間100ミリシーベルト(10万マイクロシーベルト)、年間千二百ミリシーベルト(百二十万マイクロシーベルト)までの被爆が安全で健康にいいそうです。 

 

つまり現在福島で強制的に非難させられて苦しい生活を強いられている周辺、年間5ミリシーベルト(5千マイクロシーベルト)の土壌を削って取り除くとかは意味のないお話で、福島原発20km圏内の毎時1マイクロシーベルト以下、激しい時の10マイクロシーベルトのような低線量はむしろ健康にいいレベルだそうです。

 

ではなぜそういうこと(常識=迷信)が起きるか? 脱原発や自然エネルギーを唱えている人達の勢力のせいだそうです。魚の汚染や野菜の汚染がどこどこで出たと騒ぎ立てて被爆の恐怖をあおりたてているだけだそうです。 

 

以上は月刊誌 ”致知” の1月号、渡辺昇一上智大学名誉教授の ”歴史の教訓から” によるものです。渡辺名誉教授は原子力賛成派です。理由はその貢献度の高さ、そしてもしやめると今後日本がその技術から取り残されてしまうからだそうです。放射能もやはり程度問題でしょうか。過ぎたるは及ばざるが如し...

4.Mar.12

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (土, 07 12月 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan. (Tue, 19 Nov 2019)
“IMO” ist ein innovatives Ge… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan (Tue, 19 Nov 2019)
CREWT is a venture company founded in Ap… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界一、臆病な日本の男たち…  椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その3 (Sat, 16 Nov 2019)
一週間に一回、計三回の通院で合計13本の注射。 (おまけに歯医者で口の中にも麻酔… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今日は歯医者、昨日は外科医、明日は? – ジジイになると大変… それでも私の健康保険はプライベートで僅か€119/月 (Fri, 15 Nov 2019)
椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩まされて外科医通い。 3回通って計13本の注射を腰… 続きを読む ›
>> 続きを読む

2度目の6本の注射 – 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その2 (Sat, 09 Nov 2019)
約1週間前に、お尻を通る太〜い、坐骨神経が痛くなり始めました。 腰の重み感で調子… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツ(人)と日本(人)の違い – 寒さの感じ方 (Tue, 03 Sep 2019)
デュッセルドルフの郊外にある屋外プールです。 メアブッシュから約15km、デュッ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても暑い夏の過ごし方 (Mon, 12 Aug 2019)
ドイツでは先日、記録を更新する暑さで珍しくクーラーが欲しいと思いましたが、クーラ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

間違ったウォーキングが日本を不健康に! (Sat, 27 Apr 2019)
という動画を偶然見つけました。 いえ、そういうアンテナが立っているので必然的に見… 続きを読む ›
>> 続きを読む

お年寄りのよちよち歩きはOKだけど、逆立ち歩きはダメ (Sat, 20 Apr 2019)
学校の水泳の授業で、もし溺れそうになった子供が出たら助けるレスキュースイマーをし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

40代から寿命を縮めないために何を食べるか… (Sat, 16 Feb 2019)
という題は、2018年4月21日の週刊ダイヤモンドのオンライン情報です。 走り仲… 続きを読む ›
>> 続きを読む

元気で長生きの秘訣、ピンコロ、123! (Mon, 03 Dec 2018)
本日は、123ですが、ピンコロ123の意味は、「123歳までピンピンして生きて、… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生に笑いを! 「面白きこともなき世を面白く」 (Sat, 01 Dec 2018)
「面白きこともなき世を面白く」 とは、幕末の志士、あの高杉晋作の言葉だそうです。… 続きを読む ›
>> 続きを読む

一番のアンチエージング、そして健康法は「頼らない」こと。 (Sat, 24 Nov 2018)
姪の結婚で一時帰国の際に、母の老化が心配するほど進んでいました。 歩く時に手を貸… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。番外編 – 人はどこから来て、どこへ行くのか... (Tue, 25 Sep 2018)
本当の健康を考えた場合、人間の過去の進化の過程を考えればすぐにその答えが出てくる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・ なぜ人は生まれてきたのか? (Tue, 11 Sep 2018)
なぜ人は生まれてきたのでしょうか。 世界三大聖人によると、残念ながらその理由は特… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・笑う門には福来る (Fri, 31 Aug 2018)
2004年に、遺伝子工学で世界的権威の村上和雄筑波大学名誉教授が、吉本興業と協力… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・情報とは、新鮮な心が幸福を返すもの? (Tue, 21 Aug 2018)
情報というのは、出せば出すほどいい効果が現れると思います。 情報があふれている現… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・言いたい欲が邪魔するコミュニケーション (Tue, 21 Aug 2018)
誤解というものをなくすには、それだけ多く話し合うしかありません。 「話せば分かる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

聴覚がより発達しているのは女? 男? (Wed, 15 Aug 2018)
ドイツのテレビでKIKAという子供〜学生向けチャンネルがあります。 休暇中に子供… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・猿のお面の実験でも分かる表情の大切さ (Sat, 11 Aug 2018)
以前、面白いTV番組を見たことがあります。 ある猿の集団の中で端の方にいる一匹の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・もっとも大切なこと  (Sat, 11 Aug 2018)
世の中で、人間が一人で生きていけないのは当たり前のことですが、その場合、もっとも… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・人間の脳の不思議 (Wed, 01 Aug 2018)
是非一度、次の動画をご覧下さい。 (https://www.youtube.co… 続きを読む ›
>> 続きを読む

子に対する母の想い… (Mon, 30 Jul 2018)
知人(女性)の息子さんが、自転車事故で大怪我をしました。 —R… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 ・自分で作ってしまう壁 (Sat, 21 Jul 2018)
スポーツの世界では「意識の壁」の実例がたくさんあります。 昔は100mを10秒よ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">