人間はみんなつながっている

面白いTV番組を見たことがあります。それもやはりある実験でしたが、お猿さんの集団の中の一匹の猿に、猿の着ぐるみを着て三種類のお面をつけた人間が猿の真似をして少しずつ近づいたらどうなるかです。つまり近づかれる猿にとっては集団の猿以外の見知らぬ他人ならぬ他猿です(中が人間なのでそれ以上に怪しいでしょが... 笑)。 

 

お面の種類は猿の怒った顔、笑った顔、悲しい顔でした。 怒った顔のお猿さんのお面をつけて近づこうとした時は猿が キー、キー と叫んですぐに敵対的行動に出ました。 そして悲しい顔をしたお面だとほとんど無視。  

笑った顔はその中間でした。 

 

表情が相手に与える印象が大変大きいことが良く分かる実験でした。 人間の場合でも全く同じだと思います。 険しい表情で向かえば相手もどうしてもそれに身構えてしまいますし、微笑んで近づけば微笑が帰ってくる可能性が高く、仮に微笑が帰ってこない場合でも最低で無表情は期待できます。 やはり世の中因果応報。  

 

人間(生き物)とはつながっていたい生き物のようです。 というか、つながるのが性(さが)なのでしょうか。 生まれる時ですら二つの異物がつながって初めて一人の人間として発生できます。 どちらか片方だけなら生き続けられません。 つまり元々一人では生きていけない性で、つながりが必ず必要なのではないでしょうか。 

 

(だからコミュニケーションも大変大事)人と人とのつながりを必要としない人は皆無。 そしてそのつながりの時に険しい表情で敵を作る(?)のがいいのか、微笑んで見方を作るのが良いのか。 答えは簡単なようです。 より多く微笑んでより多くの味方を作った方が楽しい人生を送れると思います。 

電車、車、飛行機のなかった昔と比べて人の移動が簡単になった現在、かなり大袈裟な言い方をすれば地球は一つになりつつあると思います。 国際結婚の数、ハーフの数は伸びる一方。 ヨーロッパでは昔からしょっちゅう国境が変化しました。 国境の一歩先は別の国。 国際結婚やハーフは当たり前で色々なハーフが存在しますが、先祖をちょっとさかのぼればハーフどころかクウォーターやハーフクウォーター、そしてそれ以上のかなり複雑な混血になっているはずです。 

 

ヨーロッパでは色々な国が存在し、太古の昔から戦争が絶えませんでした。宗教の戦争もありましたが、たいがいは国と国との間の戦争です。 その度に混血の人達は悲しい思いをしていたはずです。


ヨーロッパもEUで統合に向かっています。 日本人も飛行機のお陰と国と国との間の取り決めやビザの取りやすさ等で海外に出る人が増えて国際結婚も増えるばかり。 その数は全体から見れば未だにほんのごくわずかですが、増え続けているのは確実。 人は元々つながるもので、人の交流がどんどん盛んになっているからです。 私などは日の丸国旗を見ると自然と感動してしまう方ですが、もし国境がなくて地球全体が一つの国だったら、戦争もなくなっていかないでしょうか? 例えばフェースブックなどでどんどん人と人が国境を越えてつながっていったら...

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

進化が示す、健康法則。産業界、メーカーのたくらみ…? (火, 20 2月 2018)
メーカーが競い合って履き心地を向上させる靴や、早くて簡単に食べられる食料品に限ら… 続きを読む ›
>> 続きを読む

肉は身体に良い?悪い?食事は1日3食が良い? (日, 18 2月 2018)
靴底は薄い方が良いか、厚くてクッション性が高い方が良いかのブログでいただいたコメ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴の裏は薄い方が良いのか、それとも厚くてクッション性が高い方が良いのか… (月, 12 2月 2018)
ということに関する先日出したブログで興味深いコメントをいただきました。 そこで今… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。身体の意味。 (土, 10 2月 2018)
さてふくらはぎは、その形を大きく変えて静脈弁のポンプ機能に貢献するゆえんから第2… 続きを読む ›
>> 続きを読む

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (木, 08 2月 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今、風邪を引いたと思っている人はいませんか? (火, 30 1月 2018)
それって、花粉症では!?   今年の花粉(症)は、ちょっと異常な気がし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。靴も現代の悪? (火, 30 1月 2018)
歩く、走る際には靴に関して注意が必要です。 靴というものの存在が人間の本来の歩き… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 20 1月 2018)
良い運動 人間にとっての最高の動き、ウォーキング。 膝の手術後に走れなくなってし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 10 1月 2018)
人類の祖先の身体は最初の頃は非常に小さかったそうですが、二本足で歩き続けたことに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 30 12月 2017)
人間にとって一番良い動き、運動とは 現代人は、文明の発達によって素晴らしい快適さ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 20 12月 2017)
「進化が示す、健康法則」を読んで下さった友人の1人から、「キャベツを万能の神のご… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (日, 10 12月 2017)
文明の発達が人間をダメにしているのはもう明らかな事実 もっと正しく言えば、便利に… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (木, 30 11月 2017)
信じるものは救われる 信じる者は救われるという言葉があります。実際にこの私も疑う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (土, 18 11月 2017)
食べればやせるダイエット???   世に広まるさまざまなダイエット。残… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (金, 10 11月 2017)
人間の身体は、60兆個もの細胞から成り立っていると言われています。その1つ1つに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 25 10月 2017)
元々人間の身体はその時の状況に合せて自動的にいろいろと調整を行う、実によくできた… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (日, 08 10月 2017)
ガンをも治す断食 断食療法といえば、甲田光雄医師や、石原結實医師が有名です。甲田… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (金, 29 9月 2017)
今からもう40年以上も前に、アメリカでマクガバンレポートという、国民の病気と食生… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (日, 17 9月 2017)
マクロビオティクスの創始者といわれ、世界中にそれを普及させた前述の桜沢如一さん(… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (水, 13 9月 2017)
日露戦争の時に亡くなった日本の兵隊さんの数は4万人ほどだったそうです。その中の約… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (火, 05 9月 2017)
なぜマクロビオティクスは玄米菜食をすすめるのか マクロビオティクスにおいては、臼… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (月, 21 8月 2017)
ネアンデルタール人は約25万年前に出現した後、その約22万年後、つまり今から3万… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 (金, 21 7月 2017)
田舎道に落ちている馬糞がもし人間の便だったら? 肉と野菜の腐り方を比べると著しい… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す健康法則 (火, 11 7月 2017)
人間は何を食べるべきか = 人間は今まで何をずっと食べ続けてきたか  … 続きを読む ›
>> 続きを読む

最近、足袋などの足の裏の薄い靴にこだわっています…   そして先日のPRIMARKの商品を3点使ってみた結果報告も… (土, 06 5月 2017)
靴というものの存在が、人間の本来の歩き方を変えてしまいつつあると思います。 人類… 続きを読む ›
>> 続きを読む

自分の睡眠を知るためのお勧めアプリ (土, 08 4月 2017)
スマホに無料でダウンロードして、 1) 自分の睡眠状態が分かり 2) 前日何歩歩… 続きを読む ›
>> 続きを読む

負荷をかける運動をするのが健康にも最適! (木, 23 3月 2017)
毎週日曜日の朝に仲間と一緒にGrafenbergの森を走っています。 ドイツは日… 続きを読む ›
>> 続きを読む

花粉症の始まる季節がますます早くなる…  でも大丈夫! (金, 17 3月 2017)
この冬もかなりの暖冬だったせいか、2月から花粉症が始まりました。 元々は6月だけ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

腰痛の人に朗報 その3 (金, 03 3月 2017)
セレンディピティーとか、運、ご縁のタイミングにはとても面白くて興味深いものがあり… 続きを読む ›
>> 続きを読む

腰痛の人に朗報 その2。ボルダリングのすすめ その2。 (水, 01 3月 2017)
以前、「ボルダリングのすすめ」で、その壁登りスポーツの良さを書きました。 ボルダ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">