バイリンガルと日本語

ドイツに永住を決めたので、うちの子供たちはドイツの幼稚園とドイツの小学校に行っています。そして家では日本語で話すのが家則になっています。ドイツにずっと住むことを決めた以上、日本語並みあるいはそれ以上のドイツ語が大事だと思ったからです。そしてあわよくば将来は3人共バイリンガル?とほくそ笑(え)んでいたのですが、先日もうすぐ10歳になる娘の口からとんでもない?日本語が飛び出しました。

 

“昨日は私の日じゃなかった。”... それってドイツ語の言い回し。つまり独和の直訳。日本語なら”昨日はついていなかった。”とかになるはず...そうか、娘は自分がしゃべる文書を頭の中でドイツ語で作ってから日本語に直しているのか...と、複雑な気持ちになってしまいました。

 

うちの子供たちの一日は、寝る時間が約10時間、学校で過ごす時間が約6時間、残りは8時間もありますが、その8時間は家族で日本語を話している時間ではなくて、習い事や移動、友達と遊んでいたりする時間がほとんど。家ではドイツ語を禁止してはいるものの、それが守られるのは親がそばにいる時だけです。

 

子供達だけの時はずっとドイツ語。つまり日本語を話すのは家族の集る朝食と夕食の時だけとなります。つまり日本語よりもドイツ語を使う時間の方がはるかに多いのです。だからバイリンガルと言うよりは、どちらかというとドイツ語が母国語。そして日本語のレベルが、会話のレベルだけは特に高いということになります。

 

学校でドイツ語、家庭で日本語を使っていれば、バイリンガルが自動的に出来上がると簡単に思っていましたが、思い違いもいいところ。どうやらドイツ語も日本語も中途半端になりそうです。中途半場が言い過ぎだとすれば、両方とも不十分。ドイツ人の子供たちは、うちが家庭で日本語で話したり、公文をやっている時や日本昔話を聞いたりしている時もずっとドイツ語の中にいます。

 

日系1世が現地の人と同じようになれない理由はその辺にありますが、子供の頃からドイツの童話から始まって歴史などを十分に知識として蓄えている人たちに1世がついていける訳がありません。言い訳するわけではありませんが、33年もいてもサイエンスフィクションの映画を70%位しか理解できなかったり、やコメディーで笑うときに笑えない理由はその辺にもあります。

 

最近ドイツ生まれのドイツ育ち、周りの友人たちも認める優秀な学生で現在大学で法律を学ぶ日本人の若者と知り合ったのですが、しゃべる日本語は勿論普通の日本語。でもドイツ語もドイツ人並み。というかどちらかというとドイツ語が母国語。でもやはり漢字が苦手だそうです。う~ん、バイリンガルってそういうものか...と思いました。

 

つまり普通の日本人ができる日本語が100%、普通のドイツ人ができるドイツ語が100%とした場合、バイリンガルでも例えばそれらが70%と80%レベルであるということです。たしかにいくら頑張っても人の丸々2倍は無理なような気がします。でも国家レベルの会議で活躍する同時通訳のレベルの人達は多分かなりのレベルだと思います。2ヶ国語両方とも全然勉強しない母国語だけの人よりも両方共すごいのではないでしょうか?

 

日本語というのは、その語源がいまだに分からずに不思議な言語のようです。中国の漢字を輸入して出来上がっているのは間違いのないことですが、そのルーツがどこからきているのか言語学者達にも分からないそうです。

 

心を亡くすと書いて忙しいとか、信じ(させ)る者と書いて儲か(儲け)るとか、大変に面白い日本語ですが、その日本語が実は第2次大戦の時に危機に遭ったそうです。アメリカ人の、日本の教育の状況と日本語に対する無知と偏見から、日本語は漢字が多いために覚えるのが難しく、識字率が上がりにくいために民主化を遅らせている。と、ジョン・ベンゼルという若い将校の発案で、日本語を何とローマ字表記にしようとする計画が起こされたのです。

 

当時東大の助手だった言語学者の柴田武さんという人が、民間情報教育局の指示でこの読み書き全国調査のスタッフに選ばれ、漢字テストの出題を任されたそうです。そして統計学者の林知己夫さんという人が、全国の15歳から64歳までの約17千人の老若男女を対象とした日本人の全国試験調査 ”日本人の読み書き能力調査”を行った結果、漢字の読み書きができない人はわずか2.1%だということが分かって、日本人の識字率が100パーセントに近いという、当時としては大変優秀な結果が出たそうです。

 

その数値は世界的に見ても例を見ないレベルでだそうです。そして日本語のローマ字化は無事に撤回されたようです。ちなみに現在の識字率は先進諸国は日本を含めてどこも99%。面白いところでは、日本にお相撲さんのいるグルジアが唯一100%で、他にロシアの周りの国々が先進国のそれを上回っていることでしょうか(Wikipedia、国連の識字率による国順リストより)。


そう言えば英語というと世界中の言語の中でナンバーワンだと思うのは私だけではないと思うのですが、その歴史もさぞかし古いのかと思ったら大間違いのようで、どうやらフランス語から来ているそうです。現在の英国王家の先祖、十一世紀にイングランドを征服したノルマンディー公爵とその周りの貴族は、古代フランス語しか話さなかったそうです。

 

そういえばその頃の時代の設定で、フランスがイギリスに攻め入ってイギリスがやられてしまう映画が昔ありました... その古代フランス語が原住民のゲルマン語と混ざってできたのが英語で、今でも英語の四割以上はフランス語が起源だそうです。英語のルーツがフランス語であるという意外な事実(月間致知12年3月号、篠沢秀夫学習院大学名誉教授の記事より)。

 

確かにフランス語を習っていた知り合いのイギリス人、大変にペースが早かったような... そしてやはりフランス語と多くの単語が一緒だったり似ているイタリアの人の英語を覚える早さも日本人にしてみると異様なものがあります。

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (土, 07 12月 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan. (Tue, 19 Nov 2019)
“IMO” ist ein innovatives Ge… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan (Tue, 19 Nov 2019)
CREWT is a venture company founded in Ap… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界一、臆病な日本の男たち…  椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その3 (Sat, 16 Nov 2019)
一週間に一回、計三回の通院で合計13本の注射。 (おまけに歯医者で口の中にも麻酔… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今日は歯医者、昨日は外科医、明日は? – ジジイになると大変… それでも私の健康保険はプライベートで僅か€119/月 (Fri, 15 Nov 2019)
椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩まされて外科医通い。 3回通って計13本の注射を腰… 続きを読む ›
>> 続きを読む

2度目の6本の注射 – 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その2 (Sat, 09 Nov 2019)
約1週間前に、お尻を通る太〜い、坐骨神経が痛くなり始めました。 腰の重み感で調子… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツ(人)と日本(人)の違い – 寒さの感じ方 (Tue, 03 Sep 2019)
デュッセルドルフの郊外にある屋外プールです。 メアブッシュから約15km、デュッ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても暑い夏の過ごし方 (Mon, 12 Aug 2019)
ドイツでは先日、記録を更新する暑さで珍しくクーラーが欲しいと思いましたが、クーラ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

間違ったウォーキングが日本を不健康に! (Sat, 27 Apr 2019)
という動画を偶然見つけました。 いえ、そういうアンテナが立っているので必然的に見… 続きを読む ›
>> 続きを読む

お年寄りのよちよち歩きはOKだけど、逆立ち歩きはダメ (Sat, 20 Apr 2019)
学校の水泳の授業で、もし溺れそうになった子供が出たら助けるレスキュースイマーをし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

40代から寿命を縮めないために何を食べるか… (Sat, 16 Feb 2019)
という題は、2018年4月21日の週刊ダイヤモンドのオンライン情報です。 走り仲… 続きを読む ›
>> 続きを読む

元気で長生きの秘訣、ピンコロ、123! (Mon, 03 Dec 2018)
本日は、123ですが、ピンコロ123の意味は、「123歳までピンピンして生きて、… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生に笑いを! 「面白きこともなき世を面白く」 (Sat, 01 Dec 2018)
「面白きこともなき世を面白く」 とは、幕末の志士、あの高杉晋作の言葉だそうです。… 続きを読む ›
>> 続きを読む

一番のアンチエージング、そして健康法は「頼らない」こと。 (Sat, 24 Nov 2018)
姪の結婚で一時帰国の際に、母の老化が心配するほど進んでいました。 歩く時に手を貸… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則。番外編 – 人はどこから来て、どこへ行くのか... (Tue, 25 Sep 2018)
本当の健康を考えた場合、人間の過去の進化の過程を考えればすぐにその答えが出てくる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・ なぜ人は生まれてきたのか? (Tue, 11 Sep 2018)
なぜ人は生まれてきたのでしょうか。 世界三大聖人によると、残念ながらその理由は特… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・笑う門には福来る (Fri, 31 Aug 2018)
2004年に、遺伝子工学で世界的権威の村上和雄筑波大学名誉教授が、吉本興業と協力… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・情報とは、新鮮な心が幸福を返すもの? (Tue, 21 Aug 2018)
情報というのは、出せば出すほどいい効果が現れると思います。 情報があふれている現… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・言いたい欲が邪魔するコミュニケーション (Tue, 21 Aug 2018)
誤解というものをなくすには、それだけ多く話し合うしかありません。 「話せば分かる… 続きを読む ›
>> 続きを読む

聴覚がより発達しているのは女? 男? (Wed, 15 Aug 2018)
ドイツのテレビでKIKAという子供〜学生向けチャンネルがあります。 休暇中に子供… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・猿のお面の実験でも分かる表情の大切さ (Sat, 11 Aug 2018)
以前、面白いTV番組を見たことがあります。 ある猿の集団の中で端の方にいる一匹の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・もっとも大切なこと  (Sat, 11 Aug 2018)
世の中で、人間が一人で生きていけないのは当たり前のことですが、その場合、もっとも… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則・人間の脳の不思議 (Wed, 01 Aug 2018)
是非一度、次の動画をご覧下さい。 (https://www.youtube.co… 続きを読む ›
>> 続きを読む

子に対する母の想い… (Mon, 30 Jul 2018)
知人(女性)の息子さんが、自転車事故で大怪我をしました。 —R… 続きを読む ›
>> 続きを読む

進化が示す、健康法則 ・自分で作ってしまう壁 (Sat, 21 Jul 2018)
スポーツの世界では「意識の壁」の実例がたくさんあります。 昔は100mを10秒よ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">