血液

体重の1/13、7~8%を占める血液。こんにちの血液検査では、ありとあらゆる身体のことが分かります。なぜでしょうか。その理由は、血液の中には酸素、水、栄養、ホルモン、免疫などの、毛細血管を通して身体中のすみずみの細胞まで運ばれる大事なものが含まれているからです。

 

そしてさらにはその先々から老廃物を体外に運び出すことも行なっています。身体の中で最も大事なもののひとつです。その1/3 程を失うと、命を失ってしまうほどです。

 

血液が身体の中でどのくらい大切にされているかというと、例えば血液中のカルシウムが不足します。そうすると血液は骨から必要なカルシウムを取り出して補います。そうすることによって骨が弱くなってしまってもお構いなしです。

 

つまり血液はそれだけ大事、骨よりも優先順位が高いわけです。骨が弱くなり、折れやすくなってしまっても気をつければ良いだけです。

 

最悪の場合でも寝ていれば、身体を支える役目の骨は必要ありません。ところが血管は寝ていて基礎代謝を行うのにも必要です。生命を維持するのに必要不可欠なのです。

 

血液の中の約55%は水分、酸素を運ぶ赤血球は約44%、残りのわずか約1%が白血球(約0,6%)と血小板(約0,3%)です。0,6%の白血球の中には約46%~70%の顆粒球、16%~45%のリンパ球、4~10%の単球が含まれています。

 

血小板は怪我をした時などに血を固める役目であることは知られています。顆粒球は比較的にサイズの大きい細菌などの異物を丸ごと飲み込んでやっつけてくれます。

 

怪我の時に化膿して白っぽい膿が出るのがその姿だそうですが、そこでは免疫は発生しません。つまり例えば食中毒などには免疫のシステムは働きません。そして顆粒球は、人間がストレスを受けても生産されるそうです。

 

リンパ球は、顆粒球が対応できない小さな細胞などの異物をマクロファージから指令されて処理するそうです。そしてその過程でリンパ球は抗原を記憶して免疫が働き、一度かかった病気にはほとんどかからなくなります。

 

顆粒球では膿が出て、リンパ球ではさらさらした透明の液状のものが出るそうなので、タンなどは、リンパ球とウィルスなどが戦った後の両者の死骸のかたまりのようです。

 

ウィルスなどの病気と闘ってくれて、私たちの身体を守ってくれている白血球。でも血液の中にわずか 0,6% しかありません。そのわずかな白血球をいかに有効に使えるかが健康と大きく関係していると思います。

 

それではどうしたら白血球を有効に使えるのでしょうか?いい食事をして善玉菌を増やし、いい運動をして身体中に血液をより多く循環させることが大事ではないでしょうか?

 

「流水腐らず」といいますが、動きのあるところは新鮮に保たれる自然の法則があるようです。アクアリウムの業界では知られていることですが、水槽の水をポンプでまわしていると水がきれいに保たれます。

 

ポンプが故障するなどして、水が回らなくなると水の汚れが始まります。よどみが汚れの原因です。それは水に限らず、人間の組織でも同じ。血液もしかりです。

 

運動をするために身体が作られているのに、その身体を定期的に正しく動かさなければ身体がさびるだけではなくて、血液の循環も滞りがちになります。

 

酸素、水、栄養、ホルモン、免疫などを身体中のすみずみの細胞まで運び、そして逆に老廃物を運び出す血液がちんたらと流れるのと、元気よくサラサラと流れるのでは、どちらが身体に良いでしょうか?

 

ちなみに血液は激しい運動をした後は固まりにくくなります。狩で追い回した獲物(動物)を料理すると美味しいのは、血液がかたまりにくいのもそうですが、筋肉が収縮しなくなっているので、柔らかくて美味しいのです。

 

西洋でも日本でも、貴族や上級武士の間で狩が行事として行われた背景には、こういうこともあったのかもしれません。

 

逆に血液が固まりやすくなるのは、心配したり、神経が興奮している時だそうです。第二次世界大戦中にドイツ軍の空襲を受けて怪我をしたロンドン市民の血液がすぐに固まることが分かったそうです。

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (水, 27 5月 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その2(免疫を高める-食事) (Fri, 22 May 2020)
免疫を高める方法は大きく分けると3つになります。 その内のひとつ、食事。 何を食… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ワクチンさえ出来れば、コロナ対策も、もうラクチン (Wed, 20 May 2020)
くだらないダジャレから入りましたが、対コロナでふと思いついたことがあります。 コ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その1 (Sun, 17 May 2020)
コロナ騒ぎが始まってからというものの、様々な経済活動をストップするような接触を避… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルス。やっと経済活動再開! (Wed, 06 May 2020)
ドイツ、デュッセルドルフが州都であるNRW州で5月11日(来週月曜日)からやっと… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> 続きを読む

(コロナ)ウィルスとマスク、鼻毛の関係 (Mon, 27 Apr 2020)
口を開けたまま、つまり口呼吸で生活をしていると、口が乾くだけではなくて身体に良く… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ウィルスとマスクの関係 (Sun, 26 Apr 2020)
(コロナ)ウィルスの方が、マスクの目よりも小さいので、ウィルスは簡単に通り抜けて… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味 (Wed, 22 Apr 2020)
先週の金曜日の虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授の発表がとても興味深いでした。 日本… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開 (Sun, 19 Apr 2020)
コロナウィルス対策で、ドイツの薬局やスーパーなど食料品や必需品販売以外の商店がず… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスをキャベツで防ぐ (Mon, 23 Mar 2020)
コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はか… 続きを読む ›
>> 続きを読む

身体に良い靴 (Wed, 04 Mar 2020)
「底の薄いシューズメーカーもいくつか現れ、大手メーカーもついにペチャンコな靴底の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 2 (Sun, 01 Mar 2020)
コロナウィルスの感染者が増え続けています。 日本の公立小中学校が新学期まで休みに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴のメーカーのとても大きな罪 (Sat, 29 Feb 2020)
この世にまだ靴が登場していなかった頃、人間は当然素足で歩いていました。 そしてよ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 (Mon, 24 Feb 2020)
コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

もし宇宙人が地球に来たら… (Wed, 12 Feb 2020)
という話題が先日、ある病院で知人の1人と出ました。 話の始まりは、この地球という… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」 (Wed, 15 Jan 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「私には出来ない」というメッセ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…? (Sat, 14 Dec 2019)
以前、地元の新聞 Rheinische Post の1面で面白い記事が出ていまし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (Sat, 07 Dec 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人生はチャレンジ? ボケ防止? 一輪車とその希少価値。 (Wed, 27 Nov 2019)
シルクドソレイユ入団を目指して色々と練習をしている内の1つ、一輪車。 &nbsp… 続きを読む ›
>> 続きを読む

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合 (Wed, 20 Nov 2019)
私は怪我のマイスターです。 身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。 縫跡は全… 続きを読む ›
>> 続きを読む

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">