自律神経 (交感神経と副交感神経)

比較的に興奮している時が交感神経が支配している時(日中)で、食事をしている時やリラックスしている時(夕方~)が副交感神経が支配している時です。

 

交感神経が過剰に優位になると顆粒球が増えすぎて自分自身の身体の細胞を攻撃してしまうそうです。その結果、胃潰瘍などの潰瘍ができてしまうことが分かってきたそうです。それが20歳代の若者にもストレスなどが原因で胃潰瘍ができる理由だそうです。

 

逆にリラックスし過ぎて副交感神経が優位になりすぎるとリンパ球が過剰に作られ、抗原に過敏に反応してアレルギーが起こるそうです。

 

24.11.12

テシェク エデレム

<div align="center">