認知症

認知症で最も多いのはアルツハイマー型認知症。全体の約6割。脳の内部に、アミロイドßという淡白が蓄積し、それが神経細胞を脱落させて徐々に脳の機能が失われていくそうです。

 

その危険因子としては、加齢、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が知られているので、生活習慣病を予防することが将来のアルツハイマー型認知症の予防にもつながるといわれています。

テシェク エデレム

<div align="center">