かかと

現代人の普通一般的な歩き方、前に出した足の踵からの着地。その常識を疑ってみました。

 

靴を履かないアフリカの原住民などの歩き方は、踵から着地するのではなく、つま先から、というより、足の裏側前の方から着地するそうです。

 

数年前に半月板損傷で手術を受け、もう一生走れなくなってしまったと思ったものの、今はジョギングの時にそうして走ることができています。


2

 

怪我と手術後は、走る時に踵からの着地だと、そのうちに膝がジ〜ンとしてきますが、踵から着地しなければ大丈夫なのです。

 

1960年のローマオリンピック、そして1964年の東京オリンピックのマラソンで2度続けて金メダルを取ったエチオピアのアベベ選手、何と素足で走りました。

 

素足でマラソンに出る以上、アスファルトの道で踵から着地した場合、かなり足が痛くなるだろうな〜、と思ったので、ひょっとしてつま先着地では? と考えました。

 

そこで早速調べてみると案の定その通り。インターネットで「アベベ」、「つま先着地」などのキーワードでいくつもの情報が出てきます。

 

アベベはやはりつま先着地でした。42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 (角川oneテーマ21) などという本も出て、ランナーの世界ではここ数年そのことが話題になっているくらいです。

 

つま先着地をすると、足首の関節が大きなクッションになります。ところが踵からの着地だと、その大事なクッションが全く活かされません。

 

靴のメーカーの努力で、踵の部分のクッションがとても良くなり、中には2mの高さからの落下でも卵が割れないなどというすぐれた材質もあるそうです。

 

でもちょっと待った!です。それって、交通機関が発達して足腰が弱くなったり、家電の発達で身体を動かさなくなってしまったのと似ていないでしょうか?

 

元々つま先着地で歩いたり走っていた人間が、靴の登場と進化で退化を始めてしまっているのではないでしょうか?

 

アフリカの原住民やメキシコのタラウマラ族などの間では、膝の故障などないそうです。現代人の膝の弱さも、靴がもたらしているのでは?

 

人間の歴史は数十万年、猿と人間の間の先祖まで入れれば数百万年。靴の歴史はわずか数千年。わずか数百分の一とか数千分の一。さて、どちらが人間の身体により良いでしょうか?

 

若い時にスポーツで膝を痛めたというのではなくても、年をとってから膝が痛む人が多くいます。

 

どんなにいい靴でも、足首という自然のクッションにはやはりかなわないのです。革靴などでコツコツと音を立ててかかと着地をしていたら…

 

ちなみに大事な頭(脳みそ) は、足首、膝、腰〜背骨のカーブといった、いくつものクッションで大事に守られています。

 

インターネットでもうひとつ調べてみて欲しいのが、前述のタラウマラ族という人たちです。やはりつま先着地で凄い距離を走ってしまいます。

 

短距離走、階段の昇り降り、縄跳び、みんなつま先着地です。自転車こぎだってつま先をペダルに乗せた方が有利です。

 

でもひとつだけ注意点があります。ふくらはぎを余計に使うので、その分ふくらはぎが疲れます。

 

特にジョギングの場合にはそれが顕著です。だから最初はある程度慣らしが必要です。退化を戻すにも苦労が要ります。

 

ふくらはぎは第二の心臓と言われる位なので、活発に使った方が、血液の循環のために、つまり身体にもいいことになります。

 

爪先着地とはいっても、イラストのように足の裏側前と外側からの着地で、大げさに爪先から着地するわけではありません。

 


  「つま先着地」で検索すると、木村東吉さん(という、

多分有名な方)の動画入りの説明サイトが見つかります。

     http://www.greatoutdoors.jp/greatlife/post-3.html



オリジナルコメント:

動画の中で靴を履いて走っているのが我が妻の走法である。明らかに踵で着地している。もう一人、ボク以外にワラーチで走っているのが我がアシスタントで、外側気味のボクより完璧な「ミッドフット」で走っている。欲を言えば上体がもう少し前傾していれば完璧だ。


オリジナル動画サイトのコメント


動画の説明:

自分は青いジャケット、妻は黒いジャケット、アシスタントは赤いジャケット。自分とアシスタントはワラーチを履いて約10ヶ月。妻は一緒に始めたがすぐに故障した。主な原因はランニングフォームだ。妻はややのけぞって走っている。その結果、足がか­らだより前に出る。これが足に大きな負担を掛ける。


それにもっとも大切なのは、「フォアフットかヒールコンタクトか」ということに拘るのではなく、着地する足が自分のからだより前に出ないことだ。これが足に負担を掛けることなく省エネ走法ができるメリットだ。

オリジナルはこちら

是非一度オリジナルの木村東吉さんのサイトをご覧下さい。

 



そして以下は、スポーツ雑誌、Number からです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
走る時は常にかかとから着地する。昨今、そんな「常識」への異論が唱えられている。きっかけは’09年にアメリカでベストセラーとなり、日本でもランナーを中心に大きな話題になった『BORN TO RUN』だ。

 

この本に書かれているのが、つま先着地によるフォアフット走法の優位性。これまで常識とされてきたかかと着地は実はケガを招くもの。

 

つま先着地ならば人間が本来持つ足底のアーチやアキレス腱の弾力性を利用したケガのない走りができる、というのが要旨だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

対コロナのマスクの是非 (水, 29 7月 2020)
オランダでは既に、店舗内等でのマスク着用義務がなくなりました。 1.5 R… 続きを読む ›
>> 続きを読む

オランダではもうマスク無し… (Tue, 21 Jul 2020)
車でオランダに出張しました。 走り出してから… 「あっ、今はまだコロナ。国境は大… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 3 (Wed, 15 Jul 2020)
コロナウィルスとの比較で過去に世界を脅かせた伝染病の歴史まとめです。 コロナウィ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスは、ただ単に世界中で騒ぎ過ぎているだけ… という意見 (Mon, 13 Jul 2020)
があります。 その理由は、2月末〜3月の上旬だったでしょうか、虎ノ門ニュースでの… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その2(免疫を高める-食事) (Fri, 22 May 2020)
免疫を高める方法は大きく分けると3つになります。 その内のひとつ、食事。 何を食… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ワクチンさえ出来れば、コロナ対策も、もうラクチン (Wed, 20 May 2020)
くだらないダジャレから入りましたが、対コロナでふと思いついたことがあります。 コ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その1 (Sun, 17 May 2020)
コロナ騒ぎが始まってからというものの、様々な経済活動をストップするような接触を避… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルス。やっと経済活動再開! (Wed, 06 May 2020)
ドイツ、デュッセルドルフが州都であるNRW州で5月11日(来週月曜日)からやっと… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> 続きを読む

(コロナ)ウィルスとマスク、鼻毛の関係 (Mon, 27 Apr 2020)
口を開けたまま、つまり口呼吸で生活をしていると、口が乾くだけではなくて身体に良く… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ウィルスとマスクの関係 (Sun, 26 Apr 2020)
(コロナ)ウィルスの方が、マスクの目よりも小さいので、ウィルスは簡単に通り抜けて… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス、マスクの意味 (Wed, 22 Apr 2020)
先週の金曜日の虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授の発表がとても興味深いでした。 日本… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開 (Sun, 19 Apr 2020)
コロナウィルス対策で、ドイツの薬局やスーパーなど食料品や必需品販売以外の商店がず… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスをキャベツで防ぐ (Mon, 23 Mar 2020)
コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はか… 続きを読む ›
>> 続きを読む

身体に良い靴 (Wed, 04 Mar 2020)
「底の薄いシューズメーカーもいくつか現れ、大手メーカーもついにペチャンコな靴底の… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 2 (Sun, 01 Mar 2020)
コロナウィルスの感染者が増え続けています。 日本の公立小中学校が新学期まで休みに… 続きを読む ›
>> 続きを読む

靴のメーカーのとても大きな罪 (Sat, 29 Feb 2020)
この世にまだ靴が登場していなかった頃、人間は当然素足で歩いていました。 そしてよ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

コロナウィルスとスペイン風邪 (Mon, 24 Feb 2020)
コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

もし宇宙人が地球に来たら… (Wed, 12 Feb 2020)
という話題が先日、ある病院で知人の1人と出ました。 話の始まりは、この地球という… 続きを読む ›
>> 続きを読む

とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」 (Wed, 15 Jan 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「私には出来ない」というメッセ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> 続きを読む

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> 続きを読む

人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…? (Sat, 14 Dec 2019)
以前、地元の新聞 Rheinische Post の1面で面白い記事が出ていまし… 続きを読む ›
>> 続きを読む

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった… (Sat, 07 Dec 2019)
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行… 続きを読む ›
>> 続きを読む

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦 (Sat, 30 Nov 2019)
腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">