世界に日本ファンができる理由

良い意味でも、悪い意味でも、日本の常識は世界の非常識。世界の歴史の常識は、革命に次ぐ革命、流血の歴史です。日本のように、天皇という国家を代表する存在が、2000年以上、125代も続き、一つの民族がずっと続いているという奇跡的な国は日本を除いてこの世界に二つとないことはご存知でしょうか?

 

例えばヨーロッパで似たような島国、そして過去の一時期に、世界の大半を支配した大英帝国でさえ、1.000年もさかのぼらなくても、その言語がフランス語であったりするほど国の状況が紆余曲折しています。

 

そのような日本の常識や、文化、風習、教育が、他の国には驚異に受けとめられているという事実があります。

 

2013年7月22日、埼玉市のJR南浦和駅で、1人の日本人女性が電車とホームの隙間に落ちてはさまってしまいました。誰かが声をかけ、ホームにいたほとんどの人たちは一緒になって電車を押し傾けて、その女性を無事に救い出し、8分後にはダイヤは正常に動き出しました。

 

このニュースは各国でも報道されて、わが国なら野次馬はできてもこういうことは起こらない。良くて警察、消防署、救急車が呼ばれるだけだ。日本という国のみで起こりえる救出劇だと各メディアは伝えました。

 

そして世界が賞賛した、東日本大震災の日本人の態度は、実は昔から続いている天災でも、既に同じことが起きていました... 

 

日本人は打たれ強い?

マシュー・カルブレイス・ペリー アメリカ海軍軍人(1794~1858)

1854年、安政南海大地震とその津波の被害を見て...

 

「地震によって生じた災禍にもかかわらず、日本人の特性たる反撥力が表われていた。その特性は、よく彼達の勢力を証するものであった。彼達は、落胆せず、不幸に泣かず、男らしく仕事にとりかかり、意気阻喪することも殆どないやうであった」

 

「ペルリ提督日本遠征記」四

土屋喬雄・玉城肇訳、岩波文庫

「炎の街を横切って」「明日の中の黒い鳥」

内藤高訳、講談社学術文庫

 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間文庫

 

 

パウル・ルイス・チャールス・クラウデル フランス劇作家・詩人、駐日フランス大使(1868~1955)、1923年に起きた関東大震災を日本で経験して...

 

地震の日の夜、私が東京と横浜の間を長時間歩いている時、あるいは生存者たちが群れ集まった巨大な野営地で過ごした数日間、私は不平ひとつ聞かなかった。廃墟の下に埋もれた犠牲者たちの声も、「助けてくれ!こっちだ!」というような差し迫った叫び声ではなかった。「お願いします」という慎ましい懇願の声だった。

 

「日本人は貧しいが、高貴だ。もしこの世に生き残ってほしい民族を1つあげるとすれば、それは日本人だ」

 

「炎の街を横切って」「明日の中の黒い鳥」

内藤高訳、講談社学術文庫

 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間文庫

 

 

エドゥアルド・スエンソン デンマーク人、フランス艦隊士官(1842~1921)

1866年、横浜の大半が焼失した横浜の大火に遭遇して...

 

「日本人はいつに変わらぬ陽気さ、のん気さを保っていた。不幸に襲われたことをいつまでも嘆いて時間を無駄にしたりしなかった。持ち物全てを失ったにもかかわらずにである。日本人の性格中、異彩を放つのが、不幸や廃墟を前にして発揮される勇気と沈着である」

 

「江戸幕末滞在記」

長島要一訳、講談社学術文庫

 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間文庫

 

 

エルヴィン・フォン・ベルツ ドイツ人医師(1849~1913)、1876年に起きた東京大火を目撃して...

「日本人とは、驚嘆すべき国民である!今日午後火災があってから36時間たつかたたぬかに、早現場ではせいぜい板小屋と称すべき程度のものではあるが、千戸以上の家屋がまるで地から生えたように立ち並んでいる。」

「ベルツの日記」

菅沼竜太郎訳、岩波文庫

 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間文庫

 

 

エリザ・R・シドモア(1856~1928)

同上1866年、横浜の大半が焼失した横浜の大火に遭遇して...

「焦土と化したばかりの場所に、日本家屋が建て直されるスピードは驚愕に値し、比類が無い。大火の後12時間のうちに、小さな店の主人は元の所で商売を再開してしまうのだ。」

 

「日本・人力車旅情」恩地光夫訳

有隣堂

 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間文庫

 

 

 

これらの事実を驕ることなく兜の緒を締めなおし、日本人として凛とした態度で本当の日本・日本人のことを海外で伝えませんか?

 

そうすれば、過去の大戦に関すること、慰安婦問題、南京問題、領土問題なども、誰が嘘をついて、だれが本当のことを言っているのかを理解してもらえると思います。

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

只今ドイツでは花粉症が真っ盛り… (水, 25 5月 2016)
NASAでは今年の夏の暑さは空前絶後であると発表しているだけあって、冬も異常に暖… 続きを読む ›
>> 続きを読む

どうして鼻の穴は2つあるのでしょうか? わきの下に毛が生えている意味が分からない… (火, 08 3月 2016)
1964年にアメリカの国家化学賞を受賞した、ウクライナ系のアメリカ人、テオドシウ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

便利と楽は不健康。時代の逆行が健康の秘訣 (木, 25 2月 2016)
車、家電、加工食料品、IT、靴…などなど、生活を便利にしてくれた文明の利器が、実… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今年の花粉症は、薬を使わなくても大丈夫! (月, 22 2月 2016)
「おい、おい、またかよ…」 と言わないでください(笑)。 暖冬の後の今年の春はも… 続きを読む ›
>> 続きを読む

暖冬の後の花粉症 (火, 09 2月 2016)
どうも鼻がムズムズすると思ったら、何ともう梅の花が咲き始めているではないですか…… 続きを読む ›
>> 続きを読む

やっぱりお坊さんは偉い!でもフルータリアンはもっと偉い? (火, 01 12月 2015)
お坊さんが偉いのは、人生を悟っていらっしゃるからだと思いますが、その中には殺生(… 続きを読む ›
>> 続きを読む

(歯)医者の使命は病気を予防することにある (火, 01 12月 2015)
日本にいる、歯科医の名医の存在を知りました。その歯医者さんに通院する子どもの8割… 続きを読む ›
>> 続きを読む

どうやったらやせられる?楽々減量 – ダイエットの達人 – (月, 23 11月 2015)
「何々を食べるとやせる…」というキャッチフレーズを日本では多く見かけます。 バナ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

バナナOOO、してますか? (土, 12 9月 2015)
便秘に悩まされている人は多いと思いますが、どのくらい出ないと便秘と言えるのでしょ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怯えに怯えた乳ガンがついに消えた! (土, 05 9月 2015)
乳がんに罹り、デュッセルドルフの町中の病院、専門医の強い勧めで片側の乳房全摘手術… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">