海外から見た日本 - ドイツ

アルベルト・アインシュタイン ドイツ物理学者 (1879-1955)

「この数週間、私は日本を科学的国家として尊敬するばかりではなく、人間的見地からも愛すべきに至った。私が1カ月に余る日本滞在中、特に感じた点は、地球上に、日本国民のような謙譲で篤実な国民が存在していたことを自覚したことだ。


世界各地を歴訪した私にとって、このような純真な心持ちのよい国民に出会ったことはない。また、私の接触した日本の建築絵画その他の芸術や自然については、山水草木がことごとく美しく細かく日本家屋の構造も自然に適い、一種独特の価値がある。


私はこの点については、日本国民がむしろ欧州に感染をしないことを希望する。西洋と出会う以前に日本人が本来持っていた、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらすべてを純粋に保って、忘れずにいてほしいものだ。

 

日本には、われわれの国よりも、人と人とがもっと容易に親しくなれる一つの理由があります。それは、みずからの感情や憎悪をあらわにしないで、どんな状況下でも落ち着いて、ことをそのままに保とうとするといった日本特有の伝統があるのです。・・・

 

個人の表情を抑えてしまうこのやり方が、心の内にある個人みずからを抑えてしまうことになるのでしょうか? 私にはそう思えません。この伝統が発達してきた のは、この国の人に特有な感情のやさしさや、ヨーロッパ人よりもずっと優れていると思われる同情心の強さゆえでありましょう」

 

アルベルト・アインシュタインと日

中澤英雄(東京大学教授・ドイツ文学

 

「近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。

この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。

私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。

その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。

世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを」

(アインシュタインが日本滞在中に述べた、述べないと騒がれている文章です)

「日本賛辞の至言33選」 波田野毅、ごま出版

 

 

バウル・トーマス・マン ドイツ人小説家(1875~1955)

「ドイツではみな、万歳万歳と叫んでいるのに、日本の首相は敵の大統領の死を悼む弔電を送ってきた。やはり日本は侍の国だ」

 

第二次世界大戦の終盤、1945年4月12日に当時の米国ルーズベルト大統領が急死しました。それを聞いたヒットラーは、「運命が史上最大の戦争犯罪人、ルーズベルトを地上から取り除いた」と狂喜したのに対し、その1週間ほど前に首相になったばかりの鈴木貫太郎海軍大将・枢密院議長は、アメリカ国民に対して弔意を表す談話を発表してアメリカ国民に大きな感銘を与えた。

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間書店

 

 

フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト ドイツ医師・博物学者(1796~1866)

1859年、100万人都市として世界最多人口の江戸にて...

「江戸では、人が足繁く訪れる場所、寺の境内などの壁や板垣のそばに、およそ2フィートの四角の箱がよく置かれている。そこではさまざまな小間物の必需品、楊枝などがしっかりと値をつけて販売されているが、売り手はいない。客は何でも好きなだけ手に取り、お金を足元にある小さな引き出しの中に入れる。世界で最も人口の多い都市のひとつがこうである。この商売は貧しい家族、貧しい人々を支えるために、全ての町人たちとの信頼関係により成り立っている」

 

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」黄文雄、徳間書店

 

 

エンゲルベルト・ケンペル ドイツ医師、博物学者(1651~1716)

「よく団結し、親和的で、神々は当然崇敬すべく、法律は当然遵守すべく、主君には当然服従すべく、隣人は当然愛し尊敬すべく教え込まれていて、慇懃、懇篤、高潔である。美術工芸の面では他の全ての国民を凌駕している」

 

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間書店

 

「旅館の主人らの礼儀正しい対応から、日本人の礼儀正しさが推定される。旅行中、突然の訪問の折にわれわれが気づいたのであるが、世界中のいかなる国民でも、礼儀という点で日本人に優るものはない。のみならず彼らの行状は、身分の低い百姓から最も身分の高い大名にいたるまで大変礼儀正しいので、われわれは国全体を礼儀作法を教える高等学校と読んでもよかろう」

 

 「日本賛辞の至言33選」 波田野毅、ごま出版

 

 

 

ロベルト・コッホ ドイツ医師、細菌学者、近代細菌学の開祖(1843~1910)

「自分は直ちに(破傷風の純粋培養に成功した)北里の室に至って大成功を祝したが、この時の自分の喜びは非常なものであった。今日当時のことを追懐するだに愉快に耐えない」

 

日本賛辞の至言33選 波田野毅 ごま書房

 

 

エルヴィン・フォン・ベルツ ドイツ医師(1849~1913)

「せいぜい4メートルの幅しかない堤の上をうごめく人の群れは目を疑うほどだ。我々は馬で行ったのに、人力車と同様、極めてゆっくりとしか進めなかったが、それでもすっかり満足だった。

 

...それに入り乱れて行きこう全てが、何と静粛で整然としていることだろう。乱暴な行為もなければ、酔漢の怒鳴り声もしない。

...行儀の良さが骨の髄まで染み込んでいる国民だ」

「ベルツ日記」

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間書店

 

 

ブルーノ・タウト 近代ドイツの大建築家(1880~1938)

京都の桂離宮を見て...:

「泣きたくなるほど美しい。現代における最大の世界的奇跡」

 「簡単な記述によってその美を如実に伝えることは全く不可能である」

 「純日本的な、しかも全く独自な新しい美」

「すぐれた芸術品に接する時、涙はおのずから眼に溢れる」

「自然的な簡素のうちに精妙をきわめた天才的な細部をいくつとなく発見する。用材の精選とその見事な加工、あくまで控え目な装飾... 私はもはやこれを表現すべき言葉を知らない」

 

 「日本美の再発見」「日本文化私観」

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」黄文雄、徳間書店

「日本賛辞の至言33選」波田野毅、ごま書房

 

 

ハインリッヒ・シュリーマン ドイツ考古学者(1822-1890)

「教育はヨーロッパの文明国家以上にも行き渡っている。シナをも含めてアジアの他の国では女たちが完全な無知の中に放置されているのに対して、日本では、男も女もみな仮名と漢字で読み書きができる」


『シュリーマン旅行記 清国・日本』ハインリッヒ・シュリーマン著、講談社学術文庫 日本の世界一

 

「この国には平和、行き渡った満足感、豊かさ、完璧な秩序、そして世界のどの国にもましてよく耕された土地が見られる」

 

  「日本賛辞の至言33選」波田野毅、ごま書房

 

オットー・カロン ドイツ、ボン大学教授

ローマ大 帝国も、ナポレオンの国でさえも、一度戦いに負ければ亡びている。私の国のカイゼル陛下にしても、また生前中は神の如く慕われていたヒットラーも、イタリ アのムッソリーニも、戦いに負けたらすべてそのまま残ることはできない。殺されるか、外国に逃げて淋しく死んでいる。

 

だから日本の天皇も外国に亡命すると思っていた。しかし、そんなことは聞かない。だからすでにこの世におられないと思っていた。ところが最近、日本から来た記録映画を見て驚いた。天皇が敗戦で大混乱の焼け跡を巡っておいでになる姿である。

 

しかも、二年もの長い間、北の端から、南の端まで、焼き払われた廃墟を巡って、国民を慰めておられる。陸軍も海軍もすでに解体されているのに、一兵の守りもないのに、無防備のままで巡っておられる。 平穏無事なときでも、一国の主権者が、自分の国を廻られるその時には、厳重な守りがなされている。

 

それでも暗殺される王様や大統領がある。それなのに一切の守りもなく、権力、兵力の守りもない天皇が日本の北から南まで、焼き払われた廃墟を巡る。国民を慰める。何という命知らずの大胆なやり方であろうか。いつどこで殺されるか。こう思って映画を見ていた。

 

しかし驚いたことに、国民は日の丸の小旗を打ち振って天皇を慰めている。こんなに美しい国の元首と国民の心からの親しみ、心と心の結び、これはどこにも見られないことである。

 

われわれは改めて、日本を見直し、日本人を尊敬しなければならないと思っている。

本当の日本の歴史を伝える会

 

 

 

F・A・ルドルフ ドイツ人ビジネスマン、1855年から下田に滞在

「日本では所有権を犯す犯罪は滅多に起こらない。その理由は、単に所有権を規定している厳しい法にばかりあるのではなく、国民の誇り高い性格の中に主として存在している。こうした性格により、日本人は嘘をついたり、物を盗んだり強奪することに、嫌悪感を持っている。この点において日本人は、中国人と著しく異なっている。」

 

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間書店

 

 

ベルク プロイセン画家、オイレンブルグ交易調査使節団(1825~1884)

「書籍が安価なことと、日本人はどんな身分のものでも読書欲のあることは既に序章で述べておいた。番所にいる兵士でさえ本を読んでいるし、子どもや妻君や娘たちも熱心に読書にふけっているのが見られる。...自然、学問、芸術、技術についての研究書ないし手引書が無数にあることは、この民族の活発な知識欲を証明するものである」

 

「読み書き、国史、道徳哲学などについての青少年教育は、非常に熱心に行なわれている。 ...暇な時の読書は、あらゆる階級の日本人が第一にすることである」

「オイレンブルク日本遠征記」

上巻 中井晶夫訳 雄松堂書店

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」

黄文雄、徳間書店

 

 

ラインホルト・ヴェルナー プロセイン海軍エルベ号艦長

「子供の就学年齢はおそく7歳あるいは8歳だが、彼らはそれだけますます迅速に学習する。民衆の学校教育は、中国よりも普及している。中国では民衆の中でほとんどの場合、男子だけが就学しているのと違い、日本ではたしかに学校といっても中国同様私立校しかないものの、女子も学んでいる。

 

日本では、召使い女がたがいに親しい友達に手紙を書くために、余暇を利用し、ボロをまとった肉体労働者でも、読み書きができることでわれわれを驚かす。民衆教育についてわれわれが観察したところによれば、読み書きが全然できない文盲は、全体の1%にすぎない。世界の他のどこの国が、自国についてこのようなことを主張できようか?」

 

『エルベ号艦長幕末記』(ラインホルト・ヴェルナー著、新人物往来社)

日本の世界一

 

kenkoyongensoku – ブログ ネットdeデュッセル

只今ドイツでは花粉症が真っ盛り… (水, 25 5月 2016)
NASAでは今年の夏の暑さは空前絶後であると発表しているだけあって、冬も異常に暖… 続きを読む ›
>> 続きを読む

どうして鼻の穴は2つあるのでしょうか? わきの下に毛が生えている意味が分からない… (火, 08 3月 2016)
1964年にアメリカの国家化学賞を受賞した、ウクライナ系のアメリカ人、テオドシウ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

便利と楽は不健康。時代の逆行が健康の秘訣 (木, 25 2月 2016)
車、家電、加工食料品、IT、靴…などなど、生活を便利にしてくれた文明の利器が、実… 続きを読む ›
>> 続きを読む

今年の花粉症は、薬を使わなくても大丈夫! (月, 22 2月 2016)
「おい、おい、またかよ…」 と言わないでください(笑)。 暖冬の後の今年の春はも… 続きを読む ›
>> 続きを読む

暖冬の後の花粉症 (火, 09 2月 2016)
どうも鼻がムズムズすると思ったら、何ともう梅の花が咲き始めているではないですか…… 続きを読む ›
>> 続きを読む

やっぱりお坊さんは偉い!でもフルータリアンはもっと偉い? (火, 01 12月 2015)
お坊さんが偉いのは、人生を悟っていらっしゃるからだと思いますが、その中には殺生(… 続きを読む ›
>> 続きを読む

(歯)医者の使命は病気を予防することにある (火, 01 12月 2015)
日本にいる、歯科医の名医の存在を知りました。その歯医者さんに通院する子どもの8割… 続きを読む ›
>> 続きを読む

どうやったらやせられる?楽々減量 – ダイエットの達人 – (月, 23 11月 2015)
「何々を食べるとやせる…」というキャッチフレーズを日本では多く見かけます。 バナ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

バナナOOO、してますか? (土, 12 9月 2015)
便秘に悩まされている人は多いと思いますが、どのくらい出ないと便秘と言えるのでしょ… 続きを読む ›
>> 続きを読む

怯えに怯えた乳ガンがついに消えた! (土, 05 9月 2015)
乳がんに罹り、デュッセルドルフの町中の病院、専門医の強い勧めで片側の乳房全摘手術… 続きを読む ›
>> 続きを読む

テシェク エデレム

<div align="center">